高画質と4週間の録画機能がセキュリティーを大幅に強化、自動車部品の盗難防止対策に貢献する監視カメラシステム「Surcam(サーカム)」

アール・ジョエット 様

アール・ジョエット 代表 萩坂達哉 氏(以下、萩坂氏)

熊本県上益城郡で欧州車を中心とした自動車販売業を営むアール・ジョエットは、自動車部品の紛失や盗難などを防ぐために、以前から監視カメラシステムを活用していました。しかし、録画機能が搭載されておらず、また画質も不十分であったことから、より高性能な監視カメラシステムを必要としていました。そこで、選択されたのがバッファローの小規模店舗・オフィス向け監視カメラシステム「Surcam(サーカム)」です。アール・ジョエットは、導入と設置にかかるコストや作業の負担を抑制しながら、高性能な監視カメラシステムによる防犯対策の強化を実現しました。

概要

欧州車の販売から充実したアフターサービスまでを提供

自動車オーナーとの信頼関係の構築でビジネスを拡大

既存のカメラシステムでは不十分だった防犯対策

常時15台~20台の欧州車を取り揃え、販売からアフターサービスまで対応

欧州車を中心に常時15台~20台の在庫を取り揃えていることは
アール・ジョエットの強みの1つである

2009年、熊本県上益城郡で営業を開始したアール・ジョエットは、ルノーやシトロエン、アルファロメオ、フォルクスワーゲンなどの欧州車を主に取り扱う新車・中古自動車販売専門店です。欧州車のディーラーの社員として経験と実績を積み重ねた後に独立した萩坂氏は、「欧州車のような特殊な車両は、どの自動車販売店でも取り扱えるようなものではありません。対して、当店では常時15台~20台の在庫を取り揃えていることが、大きな強みとなっています」と話します。

また、アール・ジョエットは自動車の販売だけでなく、車検・点検、板金、修理等も手掛けています。そうしたアフターサービスにも対応していることが多くの自動車オーナーから評価され、商圏も熊本県内に留まらず、日本全国へと広がっています。

オーナーとの信頼関係を重視してビジネスを広げる

新車・中古車の販売だけでなく車検・点検、板金、修理等の
アフターサービスも手掛けるなど、自動車に関する
トータルサポートを提供している

萩坂氏が常に心掛けているのは、自動車オーナーが求めやすい価格での販売、そして廉価なアフターサービスの提供です。一般的な欧州車販売店は本体価格だけでなく、アフターサービスも高額であるケースが少なくありません。萩坂氏は、「アール・ジョエットはなるべく購入にかかる負担を抑えることで、多くの方が車を手に入れ、末永く使って頂けるよう金額的にも利用しやすいサービスの提供を心掛けています」と強調します。

また、ビジネスを行っていくにあたり、自動車オーナーとの信頼関係を何よりも重視しているといいます。「安価で親密なサービスをご評価頂いていることから、当店のお客様は固定客やリピーターが中心となっています。既存のオーナー様から新規顧客をご紹介頂くことも少なくありません。そうした、お客様との信頼関係がビジネス拡大の原動力になっている、といっても過言ではありません」(萩坂氏)

バッファローの監視カメラシステムを採用し、防犯対策を強化

アール・ジョエットでは、以前より自動車部品の盗難を防止するため監視カメラシステムを利用していましたが、防犯対策のさらなる強化に向けて、西日本電材から提案されたバッファローの小規模店舗・オフィス向け監視カメラシステム「Surcam(サーカム)」を導入しました。結果、導入と設置にかかるコストや作業の負担を抑制しながら、高品質な監視カメラシステムによる防犯対策の強化を実現できました。

アール・ジョエット

2009年、熊本県上益城郡で営業を開始したアール・ジョエットは、ルノーやシトロエン、フォルクスワーゲンをはじめ、アルファロメオ、プジョー、ランチアなど、欧州車を中心に取り扱う新車・中古車の販売専門店。自動車販売だけでなく、車検・点検、板金、修理等のアフターサービスも提供し、熊本県、九州圏のみならず全国の自動車オーナーを顧客として抱えている。

所在地

〒861-3204 熊本県上益城郡御船町木倉7427-1

電話

課題・解決策

自動車部品の盗難被害が全国で増加、より高性能な監視カメラが不可欠に

コストパフォーマンスに優れたバッファローのSurcam(サーカム)を導入

設置の容易性も評価、3時間程度の作業で稼働を開始

導入商品

小規模店舗・オフィス向け
監視カメラシステム「Surcam(サーカム)」レコーダー+カメラ2台セット

自動車部品の盗難防止に以前から監視カメラを活用

近年、自動車販売店、解体工場等において、転売を目的にアルミホイールやバッテリーといった部品の盗難被害が全国で増加しています。萩坂氏は、「自動車を盗まれることはありませんが、部品は持ち出しやすく、また、転売した際に高額で売れるので、自動車販売店などでの被害が多発しています。そこで、当店でも、そうした盗難被害を防ぐため、監視カメラを設置し防犯にあたってきました」と説明します。

しかし、これまで利用してきた監視カメラはリアルタイムでのモニター機能のみを提供するもので、録画機能を有しておらず、盗難被害にあっても後から状況を確認することができなかったのです。また、カメラの画質も低く、特に光量の少ない夜間などでは人物の顔を特定することが難しい商品でした。

「自動車の部品は盗まれてもすぐには分からず、時には数日経ってから無くなっていることに気づくこともあり、盗難が判明した時に盗難時の状況を確認でき、証拠として警察等に提供できるような仕組みが必要と常々考えていました

低価格ながら、録画機能の搭載と画質の高さで導入を即断

そうした中で、西日本電材株式会社から提案を受けたのが、バッファローの小規模店舗・オフィス向け 監視カメラシステム「Surcam(サーカム)」でした。この商品は、録画装置と2台の監視カメラがセットとなったもので、一般的な監視カメラシステムよりも非常に安価でありながら、「最大80日間の録画機能」の搭載、そして「高画質」を実現していることが特徴です。

録画機能ですが、本体のレコーダーには2つの監視カメラの映像を標準で4週間、最大で80日間分保存可能です。また、80日を超えた場合でも、古い映像は自動的に削除されるので、常に最新の監視映像を記録し続けることができます。

また画質も400万画素と高画質なため、監視カメラから人物までの距離が10メートル程度であれば、顔の特徴まで明確に判別することが可能です。さらに、光量が少ない夜間の場合でも、人物の特徴を捉えるのに充分な画質を確保しています。

萩坂氏は、「西日本電材がデモンストレーションを行ってくれたのですが、これまで利用していた監視カメラと比べて、画質の鮮明さに驚きました。また、録画機能が搭載されているだけでなく保存容量も十分です。盗難に遭ってから4週間気づかないことは、まずありませんからね」と説明します。この2つの特徴に加え、提示された価格も非常に安価であったことから、萩坂氏はSurcam(サーカム)の導入を即断しました。

簡単に導入可能

Surcam(サーカム)は監視カメラと録画装置をLANケーブルでつなぐだけで簡単に設置が行えるため、施工はとても簡単です。

そうした導入の容易さも評価されたポイントで、実際、萩坂氏自らが事務所の入り口に監視カメラを設置。さらに監視カメラから事務所内へと天井裏を通したLANケーブルの配線も自身で行いました。これらの作業は3時間程度で済んだほか、録画機能をはじめとする本体の設定も簡単で、LANケーブルを本体に接続するだけで、すぐにモニタリングが開始できるようになったといいます。

事務所入り口に設置された監視カメラが敷地内の状況を監視

事務所のデスク上に設置された本体は、省スペース性に優れた小型筐体で、設置しやすく場所をとらないことも評価された

アール・ジョエット導入構成

専門家の助言のもと、カメラを配置・設置しています。

効果

新設するオフィスルームにも監視カメラの設置を計画

夜間や外出等の不在時にも大きな安心感

ハードディスクへの録画により、日常的な作業は不要

2台の監視カメラを活用し、防犯対策をさらに強化

監視カメラの映像。
以前の監視カメラよりも画質は大幅に向上したと評価する

アール・ジョエットでは、2016年9月からSurcam(サーカム)の運用を開始しました。セットに含まれている2台の監視カメラのうちの1台を事務所入り口に設置していますが、高画質と録画機能により、夜間の不在時に盗難被害が発生した場合でも、状況証拠を確保できる環境が実現できています。

なお、今後は、敷地内に新設予定である接客用のオフィスルームにも、もう1台の監視カメラを設置する計画だといいます。

テープの入れ替えや古い映像の削除など、日常的な手間もかからず

光量の少ない夜間であっても鮮明な画質が実現されており、
録画機能と合わせて「不在時でも安心感が増した」と萩坂氏は話す

萩坂氏は、「全国の自動車オーナーが得意先であることから事務所にいないことも多いのですが、24時間、常に敷地内の様子が録画されているので、とても安心感があります。また、録画された夜間の映像を見ても、状況を把握するのに十分に鮮明な画質であることも大きな魅力ですね」と話します。

加えて、ハードディスクによる録画であることからビデオテープの入れ替えが不要であることや、4週間を過ぎた場合でも古い映像が自動的に削除されるなど、日常的に手間がかからない点も評価しています。「他の大掛かりな監視カメラシステムと異なり、安価で設置作業や設定も簡単であったほか、本体がコンパクトで場所をとらない点も大きな評価ポイントですね」(萩坂氏)

バッファロー商品に対する信頼感も、導入の大きな理由に

アール・ジョエットの防犯対策の強化に向け、
萩坂氏をサポートした西日本電材株式会社
第一営業部グループリーダーの松下正剛氏(写真右)

「今回、アール・ジョエットへのSurcam(サーカム)の提案を担当した西日本電材第一営業部 グループリーダーの松下正剛氏は、「Surcam(サーカム)をはじめとして、バッファローは多様な顧客ニーズに合致する様々な商品を提供しています。今後も引き続き、他社にないユニークな商材の開発・販売によって、私たちのビジネスを支援して頂きたいと考えています」と話します。

また、萩坂氏も「今回の監視カメラだけでなく、無線LANルーターなど、以前からバッファロー商品を利用してきました。Surcam(サーカム)の導入を即断したのも、バッファローという企業、商品に対する信頼感があったことが大きな理由です。これからも西日本電材を通じて、私たちの仕事をもっと便利してくれるような商品を提供してもらえると嬉しいですね」と期待を寄せています。バッファローの監視カメラシステムの導入によって、防犯対策を大幅に拡充できたアール・ジョエット。セキュリティーの強化はさらなる安心感・信頼感を生み、顧客とのより良好な関係づくりにも大きく貢献しそうです。


取材後記

2016年4月、熊本県・大分県で大地震が発生しましたが、直後、工場等から大型バールといった工具の盗難事件が頻発していたそうです。盗まれた工具は、住居や倉庫などへの侵入といった犯罪目的に使われる可能性があり、自社の資産を守るだけでなく、そうした二次犯罪の発生を抑止するためにも、高機能な監視カメラを活用した防犯体制の強化が求められています。


※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。

その他の導入事例