AirStation ProとTeraStationにより、ペーパーレス化とデータ活用を促進。

株式会社アイ・シー・エス 様

「お客様に電子化を提案する以上、自らが電子化を率先しなければならない」。このような思いから、株式会社 アイ・シー・エス様は電子化の社内運動に取り組んでいます。取り組みの一つとしてAirStationPro(WAPS-HP-AM54G54)による無線LANで自在なアクセス環境を実現すると同時に、TeraStation(TS-1.0TGL/R5)を導入して膨大な量の電子データを1ヵ所に集約。大胆な施策で、ペーパーレス化とデータの効率的な活用を一気に成功させています。

Point

創業以来、地元企業に密着したITソリューションを提供

全社運動でオフィスのペーパーレス化に挑戦

無線LANをノートPCの導入にあわせて導入したが、電波が弱く不安定

AirStationProにより快適な無線LAN環境を実現

電子化されたデータが急増し不安定になってしまったPCサーバ

RAID構成の高品質&ノントラブルのTeraStationで解決

導入商品

AirStationPro

NAS“TeraStation” RAID対応

顧客密着型のITソリューション・ベンダー 株式会社 アイ・シー・エス

御社の事業内容と特長を教えてください。

アイ・シー・エスは、栃木県宇都宮市で創業して25年になります。一貫して、地元企業に密着したITソリューションを提供してきました。業務アプリケーションを開発しシステムを構築するだけではなく、導入後もお客様との密接に関係を維持し、手厚い支援を続けております。
また、お客様にITソリューションを提案すると同時に、自らそのIT化ソリューションを実践しています。アイ・シー・エスが、IT検証のためのモデルケースとなっているのです。

電子化の社内運動を開始しオフィスのペーパーレス化を目指す

どのようなIT化を自ら実践されたのでしょうか?

私たちはお客様に電子化を提案しております。ならば、まず自分たちが率先して電子化を推進しなければならないと考え、全社運動でオフィスのペーパーレス化を目指しました。
具体的には、帳票を電子化して紙出力をなくす、FAXを紙出力しないでイメージデータに変換して保存する、電子ファイリングソフトを導入して紙の資料を削減する、社員にノートPCを配布して会議や打ち合わせの際の紙資料をなくす、各自のデータをファイルサーバに集約する……。このような活動を本格化しました。そのなかで無線LANやTeraStationの導入に関する実験を開始しました。

不安定な無線LANが課題に

無線LANは何を目的に導入したのでしょうか?

会議や打ち合わせの席では、社員に配布したノートPCで資料を確認し、紙資料を使わないようにしました。とはいえ、途中でもっと詳細な資料が欲しくなることもあります。そんなときに、サーバにあるデータをアクセスできるようにしたかったのです。そのために試験的に無線LANを導入しました。2003年頃のことです。
確かに席から離れてもサーバをアクセスできて便利ですが、2階にアクセスポイントを置いておくと、1階の会議室では電波が弱く不安定になり満足に利用できません。1階にアクセスポイントを移動すると使えるのですが、会議の度に移動させる事もできず、また移動の手間も面倒でした。

AirStationProにより快適な無線LAN環境を実現

不安定な環境をどのように解決したのでしょうか?

現在、2階にアクセスポイントを設置していますが、極めて強い電波で社内全体をカバーしています。会議や打ち合わせを、大変効率的に行えるようになりました。
また設定も簡単であり、お客様には、自社での導入効果をご覧いただき勧めています。すでに数社がAirStationProの導入を決定されています。

データ容量増大でPCサーバの使い勝手が悪化

快適な無線LAN環境で、自在にPCサーバをアクセスできるようになったのですね。

AirStationProのおかげで、無線LAN環境の向上は確保できました。しかし、アクセス先のファイルサーバの課題も解決しないと、ペーパーレス化が完成しません。
ペーパーレス化とデータ活用の一環で、個人のノートPCにはデータを置かず、全社員のデータを2台のPCサーバに集約するようにしました。しかし、2台あるPCサーバの役割がはっきりせず、あいまいなまま運用を続けていました。
何しろ電子データ量は加速的に増加します。次第にPCサーバが不安定になり、度々サーバの再起動が必要になってしまいました。サーバに蓄積されているデータを利用したい社員の業務に影響が出るようになりました。
2005年夏にシステム刷新のプロジェクトチームが発足し、PCサーバーのOS再インストール等をしましたが、不安定なまま改善できませんでした。そこで抜本的な対策が必要となり、PCサーバを買い替える、データを整理する、TeraStationを購入するなどの解決策の検討に入りました。

RAID構成の高品質&ノントラブルのTeraStation

TeraStationを選択したのはどういう理由からでしょうか。

率直にいって安くて簡単だからです。PCサーバを買い替えるには、アプリケーションの再インストールやデータの移行など、煩雑な作業が伴います。データを整理するのはもっと面倒です。責任も持てませんから、誰もやりたがりません。
TeraStationは弊社で商品として扱っており、同時期にお客様から求められ納品していました。そのお客様も、RAID構成になっている TeraStationの品質を大変高く評価しており、私たちもお客様に勧める手前、検証してみようということで採用を決定したわけです。
導入後まず1テラバイトの大容量に、多くの社員が驚き、また信頼性も極めて高く、2006年7月の導入以来、一度も停止しせず、まったくノントラブルです。更にアクティブディレクトリとの連携による効率的な認証により、セキュリティも心配ありません。

ペーパーレス化実現のために環境を整備

TeraStationには20人近い社員個人のファイルや共有データが集約され、頻繁なアクセスに対応しています。また、FAXデータもイメージデータとして電子化してTeraStationに蓄積。電子ファイリングソフトで作成した電子データやExcelやワードで作成したアプリケーションデータに加え、紙書類をスキャンしたイメージデータ、デジタルカメラのデータ、セミナーを録音した音声データ等も保存しています。
バッファローのセミナーでも聞いたことですが、マルチメディアデータが増加して、その蓄積のためには、高信頼性の大容量ストレージは不可欠です。TeraStationは、私たちの生み出す膨大なデータに余裕をもって対応しています。
そしてこれらのデータを、社員は在席の場合は有線で、会議や打ち合わせの場合は無線でと、場所に合わせてアクセスしています。
AirStationProとTeraStationのコンビネーションにより、弊社の情報環境は極めて快適になりました。あと残っている課題としてはデータの検索性でしょうか。やはり完成した環境をフルに利用できるソフトづくりが必要になっています。
そして、これらノウハウを武器に、お客様にも電子化の提案を積極的に勧めていきたいと考えております。


取材にご協力いただきありがとうございました。AirStationProとTeraStationによる電子化の実現。その鮮やかな成功事例となっております。この成功をベースにしたセールス提案が活発化し、顧客企業にもペーパーレス化とデータ活用が浸透していくことでしょう。


※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。

その他の導入事例