Wi-FiアダプターをとりつけたWindowsをAOSS/WPSで接続する方法

公開日:

更新日:

ID: 15047

Q

詳細

Wi-FiアダプターをとりつけたWindowsをAOSS/WPSで接続する方法

対象OS

Windows 11

Windows 10

Windows 8.1/8

Windows 7

Windows Vista

Wi-Fiアダプターの型番よって対応OSが異なります。ご利用のWi-Fiアダプターの商品ページ にてご確認ください。

A

1. パソコンの電源を入れます。

2. 商品付属の「エアナビゲータCD」を、パソコンにセットします。

CDドライブが無い場合

1)パソコンとWi-FiルーターをLANケーブルでつなぎます。
2)パソコンでブラウザー(Internet Explorer等)を開きます。

3)エアナビゲータライトをダウンロードします。
4)エアナビゲータライトを解凍し、実行します。
5)画面にしたがって、LANケーブルをパソコンとWi-Fiルーターから外します。
6)エアナビゲータが起動します。次の手順へすすみます。

3. 「自動再生」画面が表示されたら、「AirNavi.exeの実行」をクリックします。

「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」と表示された場合は、[続行]をクリックします。

Windows 8で、CD挿入時に画面右上に「タップして、このディスクに対して行う操作を選んでください。」と表示されたら、その部分をクリックし、次の画面で「AirNavi.exeの実行」をクリックします。

メニュー画面が表示されないときは、CD内のWinフォルダーにある「AirNavi.exe」を実行します。

4. エアナビゲータが起動したら、「かんたんスタート」をクリックします。

エアナビゲータのバージョンによって商品の画像が異なります。

5. 画面の内容を確認し、[次へ]をクリックします。

6. [無線でつなぐ]をクリックします。

7. [エアステーション無線子機を取り付ける]をクリックします。

8. 上側のボタンをクリックします。

9. ウイルス対策ソフトなどのセキュリティーソフトをお使いの場合は、ファイアウォール機能を一時的に無効にします。

ファイアウォールを無効にする手順は、下記をご確認ください。
ご利用のセキュリティーソフト名をクリックすると手順が表示されます。

セキュリティーソフトの多くは、パソコンにインストールされているとパソコン右下のタスクトレイにアイコンが表示されます。

ご利用のバージョンによって手順が異なる場合があります。

ウイルスバスター

ウイルスバスター クラウドは、パーソナルファイアウォール機能がないため、操作は不要です。

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"ウイルスバスター"のアイコンを右クリックし、メイン画面を起動します。

2."パーソナルファイアウォール"を無効にします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、同様の手順で"パーソナルファイアウォール"を有効にします。

ノートン・インターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"Norton Internet Security"のアイコンを右クリックし、[スマートファイアウォールを無効にする]をクリックします。

2.[セキュリティ要求]ウィンドウの[期間を選択してください。]ドロップダウンリストでスマートファイアウォールをオフにする期間を選択します。

3.[OK]をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、タスクトレイ内に表示される"Norton Internet Security"のアイコンを右クリックし、[スマートファイアウォールを有効にする]をクリックします。

カスペルスキーインターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"カスペルスキーインターネットセキュリティ"のアイコンを右クリックし、[保護機能の一時停止]をクリックします。

2.「一時停止」を選択し、「保護機能の一時停止」をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、画面右下のタスクトレイ内に表示される"カスペルスキーインターネットセキュリティ"のアイコンをクリックし、セキュリティインジケーターをクリックし、保護機能の[再開]をクリックします。

ウイルスセキュリティZERO

1.画面右下のタスクトレイ内に表示される"ウイルスセキュリティ"のアイコンを右クリックし、[設定とお知らせ]をクリックします。

2."不正侵入を防ぐ"からファイアウォールの設定を無効(開放)にします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、パソコンを再起動してください。

マカフィー・インターネットセキュリティ

1.画面右下のタスクトレイ内に表示されるマカフィー・インターネットセキュリティのアイコンをダブルクリックします。

2.[Webと電子メールの保護]をクリックします。

3.[ファイアウォール]リンクをクリックします。

4.[ファイアウォール オプション] ウィンドウで、[オフにする] ボタンをクリックします。

5.再開時間を選択し、[オフにする] をクリックします。

無線接続の設定が完了した後、ファイアウォール機能を有効に戻す場合は、同様の手順でファイアウォールの設定を有効(オン)にします。

10. ファイアウォール機能を無効にしたら、[次へ]をクリックします。

11. [インストール開始]をクリックします。

画面にしたがってインストールを行います。

12. 「インストールが完了しました」と表示されたら、[次へ]をクリックします。

13. 「無線接続の設定」が表示されたら、[無線接続の設定をする]をクリックします。

14. AOSSまたはWPSプッシュボタン式で接続を行います。

自動セキュリティー設定のボタン(WPS AOSS)をクリックします。

15. 「自動セキュリティー設定中のエアステーション無線親機を探しています」と表示されたら、Wi-FiルーターのAOSSボタン(セキュリティー設定ボタン)をランプが点滅するまで押し続けます。

ランプが点滅したら、ボタンから手を放します。

※ 画像は一例です。

AOSSボタンはWi-Fiルーターによって位置が異なります。お使いのWi-Fiルーターをご確認ください。

16. 自動的にWi-Fiルーターが検出され、パソコンとWi-Fiルーターの無線接続がはじまります。

AOSS接続が完了せずエラーが表示される場合、「AOSS接続で困ったときは」をご覧ください。

AOSS接続で困ったときは

17. 「新しいセキュリティー設定で接続します」と表示されますので、無線接続が完了するまで待ちます。

18. 「AOSSで接続が完了しました」と表示されたら、[保存して閉じる]をクリックします。

19. 「無線接続先の作成が完了しました」と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器