クライアントマネージャー3でEAP-TLSの認証プロファイルを設定する場合、どのような設定項目がありますか

公開日:

更新日:

ID: 4511

Q

クライアントマネージャー3でEAP-PEAPの認証プロファイルを設定する場合、どのような設定項目がありますか

A

項目 説明
プロファイル名 登録する認証プロファイル名を入力します。
EAPの種類 EAPの認証方法をEAP-TLSに設定します。
[ユーザー設定]タブ
SecureLockKeyを使用する SecureLockKeyに登録されているユーザー証明書を使用します。
Windowsに登録された証明書を使用してログインする 「証明書一覧」から選択された証明書を使用します。
証明書ファイルを使用してログインする 指定された場所にある証明書を使用します。
ファイル形式は個人証明書(PKCS#12)形式のファイル(.pfx)を指定します。
証明書のパスワード 証明書のパスワードが必要な場合に入力します。
この証明書で別のユーザー名を使用する 証明書の発行先の名前ではなく、別のユーザー名を指定したい場合にチェックマークを付けます。
ユーザ名 第一段階で指定するユーザー名(Identity)を入力します。
[サーバー証明書の検証]タブ
サーバー証明書を検証する チェックマークを付けると、指定された証明を用いてサーバーを検証をします。
なりすまし防止のためにも、この項目にはチェックマークを付けてください。
Windowsの証明書を使用する 「証明書一覧」から選択された証明書を使用します。
「ストアされた証明書を自動的に使用する」を選択した場合は、Windowsのルート証明機関に登録された証明書を使用します。
中間証明機関も対象とする チェックマークを付けると、Windowsの中間認証機関の証明書も使用します。
ファイルから指定する 指定された場所にある証明書を使用します。
次のサーバに接続する 接続するサーバーのCNやDNSを指定する場合は、チェックマークをつけて、サーバー名を入力します。
完全一致している場合のみ許可する 上記で入力したCNやDNSが完全に一致した場合のみ、接続を許可します。
例えば、接続を許可するサーバー(DNS)が「dns.example.local」で、接続したサーバー名が「dns.example.local」であれば、接続を許可しますが、「dns1.example.local」だった場合は接続を許可しません。
後方が一致している場合に接続を許可する 上記で入力したCNやDNSの後方が一致した場合に、接続を許可します。
例えば、接続を許可するサーバー(DNS)が「example.local」で、接続したサーバー名が「dns.example.local」「dns2.example.local」であれば、接続を許可しますが、「example2.local」だった場合は接続を許可しません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。