Wi-Fi中継機で、自宅のWi-Fiエリア拡大!

多くの人が自宅でWi-Fiを使ってインターネットを利用している今日。
パソコンやスマートフォン、タブレットなどさまざまな機器を毎日インターネット回線に接続するようになって、家中どこででも利用する機会が増えていると思います。
でもある場所には電波が届いていなかったり、あるいは弱くて通信速度が遅くなってしまったり、不便に感じることもあるのではないでしょうか。
今回はそんな悩みを簡単に解決してくれるお助けアイテムを紹介します。

Wi-Fi電波が弱い、すぐに切れる、そんな悩みには?

お父さんは書斎でパソコンを使って仕事、お母さんはキッチンでレシピ検索、お子さまたちはリビングや部屋で動画を見たり、SNSやゲームで遊んだり…。
家中どこでも家族みんなが快適にインターネットを楽しみたい。
それなのに、家の中でWi-Fiの電波が届かない場所があったり、弱くてすぐに切れてしまうと困りますよね。
いくら性能の良いWi-Fiルーターを使っていても、電波は障害物があれば弱くなるもの。
壁で囲まれた場所や2階や3階があったりすれば当然、家中に電波を届けるのは難しくなります。
そんなときはルーターから出ている電波を中継して、届く範囲を拡大することができる「Wi-Fi中継機」を追加するのがおすすめです。
「でも新しく機器を増やすのって設置や接続が難しそう…」なんて思う人もいるかもしれませんね。
実は簡単に設置、接続できる「Wi-Fi中継機」があるんです!

電波を中継してWi-Fiエリア拡大をするおすすめWi-Fi中継機とは?

Wi-Fi中継機は、Wi-Fiルーター(親機)の電波を中継して遠くへ飛ばすことで、Wi-Fiエリアを更に広く拡大することができます。
今回おすすめしたいのはバッファローの「WEX-G300」という中継機。
これは今あるWi-Fiルーターを買い替えることなくそのまま使うことができ、接続方法もとっても簡単です。
親機と中継機のボタンを押すだけで、自動的に接続が完了。
今使っているWi-Fiルーターやスマホ、タブレットなどの接続している機器の再設定も必要なく、今まで通りに使うことができます。

一方で中継機は、設置する場所が重要です。
親機から遠い場所や、障害物があって遮られてしまっている場所にも電波を届けたいなら、中継機をどこに置くのが一番効果的か、家の中で場所を変えて試してみてください。
設置したい場所を見つけて新たに置いたはいいけど、場所をとったり飛び出たりして邪魔だと困りますよね?
「WEX-G300」をおすすめするもう一つのポイントはレイアウトフリーなところ。
縦置き、横置き、壁掛けなど設置したい場所に合わせてレイアウトすることができるからです。

安定した通信環境で家族全員快適にインターネットを楽しもう!

中継機を設置すれば今まで壁や家具で遮られて届かなかった場所にも電波が届くように。

例えば密閉性の高いお風呂やトイレなどでも中継機の設置する場所によっては、インターネットが利用できるようになるかもしれません。お風呂で好きな映画やドラマをダウンロードしてタブレットで視聴してみたり・・・。

通信環境が安定すれば、通信速度が遅くなることもなく、より快適に利用できるようになります。家族みんなが好きな場所で好きなだけインターネットを使える、楽しく便利な暮らしが送れそうですね。

なるほど!と思ったら記事のシェアをお願いします
目次
閉じる