データ復旧サービス

復旧は「即相談」が鉄則!「迷ったら見積もり」がおすすめ

2018.03.30

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

復旧は「即相談」が鉄則!「迷ったら見積もり」がおすすめ

USBメモリや外付けHDD(ハードディスク)、光ディスクなど各種メディアに保存したデータは、いつ損失の危機に晒されるか、そう簡単には予想できません。データの読み出しやコピーに時間がかかるようになっても、それが一時的なことなのか、PCのパフォーマンス低下に起因するものなのか、それともメディアそのものに障害が発生しているのか、なかなか判断はできません。

自力でなんとかしようとしたら、事態が悪化することも……!?

データが読みこまれない、認識できないといったようなストレージにトラブルが発生したとき、自分でなんとかしようとしたり、後回しにしたりしてしまうと、大きな障害が発生していた場合、その障害が進行してしまう可能性があります。

たとえば外付けHDDの場合、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」という操作を忘れて、USB端子を外してしまうと、次に外付けHDDをPCへ接続した際、データが読み込まれないことがあります。この場合、そのままの状態でデータ復旧サービスへ持ち込めば、「軽度の論理障害」として復旧できる可能性があります。けれどもPCの指示に従って、外付けHDDをフォーマット(初期化)してしまうと、「中度の論理障害」となって、データ復旧の難易度がさらに高くなってしまうのです。大切なデータを守るためには、「おかしいな」と思ったときにできるだけ素早く、正しい対応をすることが大切なのです。

バッファローのデータ復旧サービスの見積もり・診断は無料

バッファローの「データ復旧サービス」は、見積もりが無料のため、トラブルが発生したとき、まずは相談してみるのがおすすめです。データ復旧にかかる料金や復旧可能なファイルを診断した後で、もしデータ復旧を諦めた場合でも、それ以上の料金がかかることはありません。

さらに、バッファローの「データ復旧サービス」は東京、大阪、名古屋、全国に3カ所の受付を用意しているため、トラブルを起こしたストレージを直接持ち込むことが可能です。配送受付も行なっており、その場合、お客様が最初に送るときの送料はかかりますが、サービスを利用する、しないに関わらず、返送時の送料は無料。だから手軽に見積もりを依頼できるというわけです。

ストレージが認識できない、またはデータを正しく開いたり、コピーしたりすることができなくなってしまった……。そんなトラブルが発生したときは、素早くバッファローの「データ復旧サービス」に依頼するのが、正しい対策だと言えるでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」