データ復旧サービス

株式会社バッファロー データ復旧センター

東京フリーダイヤル0120-961-869

新横浜フリーダイヤル0120-066-869名古屋フリーダイヤル0120-077-869
大阪 フリーダイヤル0120-963-869

データ復旧サービス

ハードディスクにも寿命はやってくる!兆候が見えた時にやるべきことは?

2018.03.07

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

ハードディスクにも寿命はやってくる!兆候が見えた時にやるべきことは?

使っているPCのハードディスク(HDD)から「チッ、チッ」という音がしていませんか? HDDにはライナーと呼ばれる潤滑油が塗られていて、それがディスクの回転とデータの読み込みを円滑にしているのですが、長年使っているとライナーがすり減り、データが読み込めなくなってしまうことがあります。HDDのヘッドと磁気の面が直接ぶつかる「ヘッドクラッシュ現象」が起きていると、HDDは寿命を迎えたと考えてよいでしょう。

ほかにも、以下のような症状が出てきた時にはHDDの寿命が近づいた兆候といえます。

・頻繁にフリーズする
・焦げたようなにおいがする
・異常な熱をもつようになっている
・以前と比べて起動や処理が遅くなった

HDDは精密機器なため、衝撃や水濡れに弱いのは言うまでもないところ。さらに、動作中にケーブルを抜いたり、電源を強制的に落としたりといった行為もHDDの寿命を縮めます。また、データを磁気で記録しているため、高温多湿の環境下で使っているとデータ紛失の原因になり得ます。

先に挙げたような現象が起きているという場合は、可能な限りバックアップを取っておくとよいでしょう。最近ではクラウドサービスもありますが、物理的にほかのHDDやNAS、SSDなどにデータを移しておくとより確実です。

新品購入の際から、手厚い補償のメーカー商品を選ぼう

HDDでも、新品購入から一定期間のメーカー保証がついていますが、故障した際のメーカー対応が明確にされていないこともあります。つまり、HDD自体の修理はされても、データ復旧までは補償されていないということもあるので注意が必要です。BUFFALO(バッファロー)のように、保証期間内であれば、軽度の論理障害によるデータの消失の場合、機器の交換やデータ復旧サービスが無償で利用できるようになっているメーカーもあるので、HDDを購入する際に、もし壊れた時のことを考慮して、手厚い補償がついているメーカーを選ぶというのも一つのポイントといえるでしょう。

とはいえ、重度の論理障害や物理障害は、基本的にどのメーカーでも有償なことがほとんどです。日頃から磁気のある場所など無茶な環境で使わないことや、長時間にわたって必要以上に電源を落とさず、PCを使い続けるなど、HDDに負担のかかる使い方をしないことが、長持ちさせる秘訣といえます。それでも劣化して起動・処理が遅くなったと感じた時は、バックアップを取ることと、買い替えの検討をはじめるというのが良いのではないでしょうか。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」