データ復旧サービス
拠点持ち込み受付の一時停止について

【症状6】
ファイルが開くまでに
時間がかかる

ファイルのアクセスが遅い症状とその対策

パソコン(PC)に保存してあるファイルを開こうとした時に、ファイルが開くまでの時間がいつもより長く感じることがあります。通常はファイルが開く時間をわざわざ測ることはありませんし、ファイルの種類や容量、パソコンの状態などによってかかる時間は変わるため、多少遅くても気にしないことが多いかもしれません。

しかし、普段より明らかに時間がかかる場合は、パソコンに何らかの異変が起きているのかもしれません。そのまま放置すると、やがてパソコンが故障して、大切なデータを失うことにもなりかねません。ファイルが開く時間が長いと感じた時は、以下の方法でパソコンの状態を把握して、対処するようにしましょう。

デフラグは諸刃の剣
安易な実行は故障の原因にも

パソコンの速度改善の方法の一つに「デフラグ」があります。デフラグとは、複数の領域にバラバラに保存されたデータを配置・整理し直すことで、データを読み込む時間を短縮する効果があります。

しかし、デフラグの実行はハードディスクに大きな負荷をかけるため、使用頻度の多いパソコンや古くなったパソコンで行うと、ハードディスクの故障につながる危険があります。ファイルを開くのに時間がかかるパソコンでは、特に故障する可能性が高いため、デフラグは行わないようにしてください。

大切なデータが保存されている場合は、すぐに使用を中止して、データ復旧サービスにご相談されることをお勧めします。バッファローでは外付けメディアのデータ復旧サービスを、グループ会社のアドバンスデザイン(株)ではパソコンのデータ復旧サービスを承っていますので、復旧が必要になった時はお気軽にご相談ください。

症状6-1

症状1 ファイルが開くまでに時間はかかるが、待っていれば開く。

症状6-2

症状1 ファイルが開くまでに時間がかかり、開かない時がある。

ファイルのアクセスに長い時間を要する場合がある。待機してもひらけない場合がある

症状6-1、症状6-2は、パソコンやファイルが正常であっても、多くのファイルやプログラムを同時に開いている時、ハードディスクの空き容量が少ない時などに起こります。まずはこれらを一つずつチェックし、対処することで、ファイルの処理速度が改善しないか確認しましょう。

データ復旧が必要な時は
私たちにお任せください

ファイルを開くまでに時間がかかる時、自身の判断で誤った対処をすると、症状がさらに悪化してしまい、残っているデータを完全に失ってしまうことになりかねません。パソコンやハードディスクは、わずかな傷で機能を失ってしまう可能性のある精密機器です。保存してあるデータを確実に救出したい場合は、データ復旧サービスの利用をご検討ください。

・パソコンのデータを復旧したい場合は、グループ会社のアドバンスデザインにご相談ください。
・外付けHDD、USBメモリーなどの外付けメディアのデータを復旧したい場合は、バッファローのデータ復旧サービスにご相談ください。

大切なデータは
必ずバックアップ

大切なデータを失わないための最良の方法はバックアップです。バックアップとは、データを常に2つ以上の場所に保存しておくこと。データがバックアップされていれば、もし誤って削除・フォーマットしてしまっても慌てる必要がなく、すぐに復元できます。以下のページを参考に、パソコンや外付けメディアのデータの日常的なバックアップを実行しましょう。

バックアップを行おう

安心で選ぶならバッファロー

安心で選ぶならバッファロー