データ復旧サービス

株式会社バッファロー データ復旧センター

東京フリーダイヤル0120-961-869

新横浜フリーダイヤル0120-066-869名古屋フリーダイヤル0120-077-869
大阪 フリーダイヤル0120-963-869

データ復旧サービス

ここまでやります!大切なデータを復旧するためにバッファローができること

2018.03.30

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

ここまでやります!大切なデータを復旧するためにバッファローができること

企業にとって、固有の資産でもあるデータ。顧客の購買行動や商品製造記録、公共交通機関の運行状況など、いわゆる「ビックデータ」と呼ばれるものから、従業員の勤怠管理や売上の予算管理など、日常的に用いられるデータまで、さまざまなデータを有効活用することが、企業の経済活動において基礎となっています。けれどもそのデータがもし損失の危機に襲われたら……? 法人のお客様にとって大切なデータを守るため、バッファローではできる限りのサービスを提供し、日々、データ復旧に取り組んでいます。

データ復旧のために新しいハードディスクを分解することも

HDD(ハードディスク)のデータ復旧にはさまざまな方法が取られます。誤ってフォーマットしたり、データを削除してしまった、などといった論理障害の場合、物理的には破損していないため、パソコンに接続した状態から復旧作業がスタートできます。しかし、HDD自体が壊れているような物理障害の場合は、そのままの状態ではデータを復旧することはできません。まずはHDDそのものの修理が必要となります。

バッファローでは、パソコン周辺機器メーカーとしての高い技術力を活かして、HDDの修理にも対応しています。目に見えないホコリやチリがないクリーンルームでHDDを分解して物理障害の原因を特定、修復していきます。

場合によっては、パーツの交換が必要となることも少なくありません。そうしたときにバッファローでは物理障害が出たHDDと同型番の新たなHDDを用意。新しいHDDの磁気ヘッド(データを読み取る部分)をトラブルの起きたHDDに取り付けることで、データ復旧を実現しています。

また、データを記録しているプラッタ(磁気ディスク)自体の損傷が大きい場合には、磁気ヘッドの負担も大きくなるため、複数の磁気ヘッドを交換しながらデータを復旧する、などといった事例もあります。

高い技術力で最適なデータ復旧方法を追求

バッファローでは、メディアにどのようにデータが保存されているかなど、開発者だからこそ知っている知識を独自に研究・蓄積しています。HDDやNAS、SSDをはじめとする各種ストレージは、日々改良が続けられてきており、常に情報の刷新が必要です。そうすることで、場当たり的な復旧を行うのではなく、問題箇所を適切に推測し、より高い精度での復旧を可能としています。

お客様の中には、どんなに料金がかかってしまったとしても、大切なデータを取り戻したいという方がいらっしゃいます。バッファローでは、そういったお客様のデータを、確実に復旧させるために、コストも含めて最善な方法を採用しているのです。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」