データ復旧サービス

株式会社バッファロー データ復旧センター

東京フリーダイヤル0120-961-869

新横浜フリーダイヤル0120-066-869名古屋フリーダイヤル0120-077-869
大阪 フリーダイヤル0120-963-869

データ復旧サービス

「修理」ではデータを取り戻せない!?実は違う「メーカー修理」と「データ復旧」

2018.03.30

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

「修理」ではデータを取り戻せない!?実は違う「メーカー修理」と「データ復旧」

外付けHDDやNAS、SSD、USBメモリ、光メディアといった、ストレージには大切なデータが保存されています。しかし、ストレージも機械ですから、いつかは壊れてしまうもの。そのときに検討するのが「メーカー修理」です。しかし、メーカー修理では大切なデータが取り戻せないことがあるため、注意が必要です。

「メーカー修理」は機器を元に戻すことが目的

「メーカー修理」とは、障害が発生した機器を再び動作させることを目的としたサービスです。修理の対応は故障箇所によって変わってきますが、多くの場合は不具合のあるパーツを修理します。故障の状況やパーツの構造によっては修理自体が難しいため、まるごと交換することもあります。

このように、メーカー修理はあくまで「機器を購入時の状態に戻す」ことが前提となっており、保存されていたデータについては保証をしていません。また、修理の過程でストレージの初期化が行われることが多く、この場合は2度とデータは元に戻りません。実際、メーカー修理の場合、ストレージの内容が初期化されることへの同意を必要としているメーカーがほとんどです。

データを救出するのが「データ復旧」の役目

一方、「データ復旧」は、保存されていたデータを救出することを目的としています。ストレージの障害にはさまざまな原因がありますが、データの復旧は部品の修理・交換ではなく、保存されているデータを元に戻すことを第一に作業を実施します。

このようにメーカー修理とデータ復旧では、目的も対応する内容も大きく異なっています。

どちらに依頼するかは状況によって異なる

いずれにせよ、ストレージが故障した場合に重要なのは、使っていた状態に戻すことです。そのため、どちらのサービスに依頼するかは、置かれている状況によって異なってきます。もし、最新のデータをバックアップしていたなら、ストレージを修理に出すか買い換えて、そこにバックアップしたデータを移行させればほぼ元の環境に近い状態に戻せます。

しかし、バックアップがない場合や、古いバックアップしかない場合、ストレージが元に戻ったとしても、保存されていたデータの一部、またはすべてが失われてしまいます。そのため、保存していたデータを元に戻す必要があるなら、まずはデータ復旧サービスに依頼することが先になります。

データが重要なら、まずはデータ復旧サービスへ!

ストレージ自体は、修理したり買い換えたりすれば元には戻ります。しかし、中に保存されているデータはお客様独自のもの。一度失ったら元には戻せない大変重要なものです。

ストレージのトラブルの場合、「まずはデータを守り、次に機器を直す」という順を追うのがベスト。バッファローのデータ復旧サービスでは、データが復旧できるかどうか、無料で診断・見積もりできるので、まずは相談してみましょう。もし問題なくデータが復旧できることがわかれば、そのままデータ復旧を依頼する。そして、そのストレージを修理に出すか、買い換えるかどうかを決める、といったように、順を追って対応するのがおすすめです。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」