データ復旧サービス

大事なデータが取り出せない!外付けHDDのデータ復旧ならバッファローへ

2019.10.30

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

外付けHDD(ハードディスク)の使用中に起きる様々なトラブル。
場合によっては、中に保存してあった大事なデータが消えてしまうことも。
なくなってしまったデータを救出し、取り出したい。
そんな方のお役に立てるのが、バッファローのデータ復旧サービスです。

・昨日まで普通に使っていたのに、ある日突然パソコンにつないでも認識しなくなった。
・カツン、カツンと異音がして、たまに認識しなくなることがある。
・家族の写真や動画、仕事に必要なファイルなど、大事なデータを誤って削除してしまった。
・アラートが出たのでクリックしたら、フォーマット(初期化)されてしまった。
・パーティションを変更したら、保存してあったデータがなくなってしまった。

そんな外付けHDDのトラブルでお困りの際は、バッファローのデータ復旧サービスにご相談ください。
ハードディスクの様々な障害を診断し、ディスクに残っている目に見えないデータを発見・復旧・復元します。

よくご相談いただく症状

↓1:パソコンに接続しても認識しない。
↓2:ハードディスクから異音がする。
↓3:誤ってデータを削除してしまった。
↓4:フォーマット(初期化)してしまった。
↓5:パーティションを変更したらデータが消えてしまった。

1:パソコンに接続しても認識しない。
外付けHDDをパソコンに接続しても認識しない場合、論理障害と物理障害の2つの理由が考えられます。
論理障害は、ハードディスクが正常なのにデータの破損やプログラムの問題によって認識しない、もしくは認識するのにフォルダやファイルなどが開けない、パソコンの動作が極端に遅くなる状態などの状態です。これは比較的軽度な障害である場合が多く、修復によってデータを復活させられる可能性が十分あります。保証期間内のバッファロー商品であれば、復旧料金が無料になる場合もあります。
物理障害は、動作中に衝撃を与えたり、水没、落雷、経年劣化などによって、ハードディスクなどの部品が故障している状態です。ケーブルを抜き差ししたり電源のオンオフを繰り返すと障害を悪化させる可能性がありますので、ご自分で解決しようとせずに当社データ復旧サービスへご相談ください。

関連:外付けハードディスクが認識されない……故障を疑う前のチェックポイント

2.ハードディスクから異音がする。
動作中に「カツン、カツン」と異音がした時は、ハードディスクが物理的に故障している可能性があります。ケーブルや電源の抜き差しをして無理に認識させようとすると、かえって状態を悪化させる可能性がありますので、すぐにシステム終了して、パソコンから取り外してください。まだ認識している場合でも、データコピーなどの作業を行うと、途中で認識しなくなり、状態が悪化する可能性があります。すぐに使用を停止して当社データ復旧サービスへご相談ください。データの救出の可能性を探り、復旧が可能な場合はお見積りを提示させていただきます。

関連:HDD(ハードディスク)異音発生時の対処方法

3.誤ってデータを削除してしまった。
他のファイルと間違えてうっかり削除してしまった、削除した後でコピーを取っていないことに気づいた。そんな場合でも、削除したデータが完全に消されずにハードディスクに残っていれば、復元は可能です。バッファローでは、削除してしまったデータをお値打ち価格で復元する「うっかり削除の復元プラン 」をご用意していますので、お気軽にご相談ください。せっかくデータが残っていても、その場所に他のデータが保存されると元のデータが完全に消去されてしまいますので、トラブルの際はすぐに外付けHDDの使用を中止してパソコンから取り外してください。市販の復旧ソフトウェアはかえって事態を悪化させる可能性がありますので、試される前にまずは一度当社データ復旧サービスにご相談されることをおすすめします。

4.フォーマット(初期化)してしまった。
外付けHDDをパソコンに接続したら「ドライブXXを使うにはフォーマットする必要があります」などの表示が。そんな時に「ディスクのフォーマット」をクリックすると、外付けHDDのデータはすべて消えてしまいます。フォーマットしてしまったハードディスクのデータをすべて復元することは難しいですが、状態によっては一部のデータを復元できることがあります。うっかりフォーマットしてしまった場合も、条件を満たせば「うっかり削除の復元プラン」の対象になりますので、一度当社データ復旧サービス にご相談ください。外付けHDDをお預かりして状態を確認し、復元の可否とお見積りをお知らせいたします。

5.パーティションを変更したらデータが消えてしまった。
WindowsやMac OSには、データが保存されている外付けHDDのパーティションを変更する機能が搭載されています。しかし作業の手順を間違えたり、変更時にエラーが発生したりすると、データが消えてしまうことがあります。パーティション変更時のトラブルについても、状態によっては、消失したデータを復元できる可能性がありますので、一度当社データ復旧サービスへご相談ください。復元可能なファイルを事前に確認できた場合は、ファイル名をリストにしてお見積りと一緒にご提示いたします。

当社データ復旧サービスでは、上記以外にも様々な症状に対応しています。復旧作業を実施する前に、トラブルが発生した商品をお預かりして状態を確認し、無料でお見積りを提示させていただきます。お見積り後のキャンセルも可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

復旧サービス内容

Web申し込みフォームからお申し込みいただいた後、トラブルが発生した外付けHDDを当社へお持ち込み、またはご送付いただきます。お預かり品の状態を診断し、お見積りをご提示した上で、復旧作業のご注文をいただきます。

復旧内容の詳細についてはこちらをご参照ください。

復旧料金

当社のデータ復旧サービスは、お客様に安心してご利用いただけるよう、3段階の障害レベルを設定し、一律固定料金制にてご注文を承っています。必ず事前にメディアの診断を行い、障害レベルとお見積もりをご提示し、ご納得いただいてから作業を行います。診断・お見積りは無料で、お見積り後に作業を行わない場合もキャンセル料はいただきません。復旧用のメディアの代金も固定料金に含まれており、作業後に追加料金が発生する心配がありません。

詳しい料金についてはこちらをご確認ください。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」