データ復旧サービス

データトラブル発生時に注意すること

2018.06.06

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

データトラブル発生時に注意すること

「NASにアクセスできない!」「HDDの中のデータが読めない!」「パソコンが動かない!」「消えたデータがどうしても必要!」などのトラブル時は、慌てずに正しく対処することが重要です。慌てて電源のオフ・オンを繰り返したりすることで、さらなるトラブルを引き起こしてしまうこともあり、データの復元ができなくなることがあります。

バッファロー データ復旧センターにお電話をいただくことで、現在の状況を整理することができる場合もありますので、まずはご相談ください。一つの行動によって、永久にデータを取り出せなくなる可能性があるということをご認識いただければと思います。

対処方法:異常に気づいたら電源を切る

異音や不具合を感じましたら、速やかにパソコンの電源をお切りください。再起動を繰り返すとHDD(ハードディスク)やメディアのダメージが増加し、事態をさらに悪化させることがあります。

特にご注意いただきたいこと

1.新たなデータを保存しない。ソフトウェアをインストールをしない。
誤ってデータを削除してしまった場合、削除したデータの上に新たなデータが書き込まれてしまうとその部分のデータの復旧は不可能となります。同様の理由で、新たなソフトウェアのインストールも絶対にしないでください。

2.復旧したいHDDにデータ復旧ソフトを直接インストールしない。
データ復旧ソフトを利用する際、その注意点としても書かれていることも多いですが、データを取り出したい対象のハードディスクには絶対にデータ復旧ソフトをインストールしないでください。復旧したいデータの上にデータ復旧ソフトが書き込まれてしまうと、必要なデータの復旧が不可能になります。

3.専門家以外に作業をさせない
データ復旧の知識、技術のないエンジニアや業者に、データ復旧ソフトの使用やリカバリー作業をさせないでください。応急処置や安易な考えでの復旧は、事態をさらに悪化させます。もし、一部でも読めるデータがある場合は、そのバックアップを取っていただくのが重要です。

バッファロー データ復旧センターにご相談ください

状況確認などのご相談をお受けしておりますので、慌てず、何もせずにご連絡ください。慌てて誤った対応をすることで、致命的な障害を発生させる可能性があります。

また、詳細な診断およびお見積りをWebにて受け付けております。お申し込み後にHDD(ハードディスク)やメディアをバッファロー データ復旧センターまでお送りいただくか、各サービス拠点までお持ち込みください。豊富な経験と実績を持つ技術者が、専門の設備でデータの復元を行います。

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」