データ復旧サービス

株式会社バッファロー データ復旧センター

東京フリーダイヤル0120-961-869

大阪フリーダイヤル0120-963-869名古屋フリーダイヤル0120-077-869

 

復旧事例


データ復旧サービス

復旧事例

実際に依頼のあったHDDの復旧事例を
ご紹介しています

外付けHDD復旧事例

症状

フォーマットしてください又は初期化しますか?のメッセージが出る。

診断結果

論理障害軽度

ファイルシステムの情報が損傷していました。
ハードディスクには物理的な障害は見られず、データ領域は無事でしたので、目的のデータを含め、概ね良好にデータ復旧ができました。このような障害は「ハードウェアの安全に取り外し」を行わずに取り外した際や停電、不意の電源遮断などにより発生しやすい症状です。ハードディスクやUSBメモリを取り外す際には、「安全な取り外し」をするように心がけましょう。

症状

誤ってフォーマットをしてしまった。

診断結果

論理障害中度

フォーマット(初期化)をしたことにより、ハードディスクのシステム領域が書き換えられていたものの、データ領域には実際のデータが残っており、目的のデータを含め復旧することが出来ました。フォーマットをすると、元のデータはすべて消えたように見えますが、多くの場合データを管理するシステム領域を書き換えるだけで、データ領域はそのまま残っていることが多いです。
新たにデータの書き込み(上書き)を行わなければ、データが復旧できる可能性も高くなります。

症状

誤ってデータを削除してしまった。

診断結果

論理障害中度

復旧したいデータの保存領域に新しいデータが上書きされていなかったため目的のデータの復旧をすることができました。データ削除後、他の操作をせずにすぐにデータ復旧をご依頼頂いたことで復旧成功に繫がりました。削除したデータを復旧する場合は、復旧したいデータについてお話を伺い、作業を進めていきます。膨大なデータの中から目的のデータを探す必要があるため、データを特定できる詳細な情報を頂くこともデータの復旧には必要です。

症状

誤ってWindowsの回復ドライブにしてしまった。

診断結果

論理障害中度

ハードディスクがWindowsの回復ドライブとしてフォーマットされていました。
先頭32GBが FAT32形式でフォーマットされ、Windowsのシステム情報が上書きされてしまったため、元のファイルシステムが損傷していました。上書きされた領域に書かれていたデータは消えてしまいましたが、目的とするデータの復旧には成功しました。

症状

認識するがデータの読込みに非常に時間がかかり、途中でフリーズする。

診断結果

物理障害軽度

ハードディスクの記録面に不良セクターが発生し、データの読み出しが正常にできない状態でした。データを読み出す際に不良セクターにぶつかり読込みを繰り返すことで時間がかかっていたと思われます。不良セクターが非常に少なかったため概ね良好にデータ復旧ができました。

症状

カタカタと異音がし、外付けハードディスクが認識しなくなってしまった。

診断結果

物理障害中度

ハードディスク内部の磁気ヘッドに障害があり、これが原因で異音が発生していました。お預かりした時点では、電源投入時の初期動作が行えない状態でしたが、データ記録面の損傷が少なかったためハードディスクを開封し磁気ヘッドを交換することにより、ご希望のデータの読み出しに成功しました。ヘッドが損傷している場合は、電源を投入することでデータ記録面に傷をつけてしまうことがあるので、注意が必要です。

症状

震災により水没してしまった。

診断結果

物理障害重度

ハードディスクドライブに浸水している可能性が高く早急に内部洗浄が必要な状態でした。内部洗浄により泥や海水を取り除きハードディスクの記録面が読み込み可能になったため、目的のデータの復旧に成功しました。水没した場合はハードディスクが乾燥する前に早急に対処することが重要です。お早めにデータ復旧をご依頼頂くことをお勧めします。

お申し込みフォーム

安心で選ぶならバッファロー

安心で選ぶならバッファロー