データ復旧サービス

RAIDデータ復旧

2018.06.12

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket

RAIDのデータ復旧は数多くの重要データを復旧してきたバッファローの「データ復旧サービス」にお任せ下さい。 バッファロー製TeraStationなどのソフトウェアRAIDから、DELLなどの他社メーカーのエンタープライズ用商品まで様々な商品に対応可能です。他社で断られた困難なケースでも諦めずに、バッファローの「データ復旧サービス」にご相談下さい。 専門アドバイザーが丁寧に対応させていただきます。

復旧実績

バッファローの「データ復旧サービス」には下記の復旧実績があります。

BUFFALO、I-O DATA、Seagate、HGST、Western Digital、DELL、LACIE、Logitech、NETGEAR

よくある症状

・ネットワークで見つからなくなってしまった
まずは、ネットワークに異常がないかをご確認ください。ネットワークに異常がない場合は、RAIDシステムが崩壊している可能性があります。電源のON/OFFを行うことで状態が悪化することもあります。状況を把握するためにも、まずご相談ください。

・バッファローのTeraStationでランプが点灯・点滅し、E14, E30などのエラーコードが表示されている
それぞれ「RAIDアレイをマウントできない」「ディスクがアレイから外された」というエラーを表すコードです。複数の原因が考えられますので、まずはお電話にて詳しい状況をおお伝えください。

・複数のディスクで障害が同時に発生した
データ復旧の必要があります。障害が起きているディスクの中でも症状の軽いものを修復することによってデータが抽出できる場合があります。すぐに使用を中止し、バッファローの「データ復旧サービス」にご相談ください。

・リビルドを行った際に別のディスクにも障害が起き、リビルドに失敗した
リビルドを行う前のアレイを構成していたディスクをお預かりし、復旧する必要があります。 お送りいただくディスクなどをご説明させていただきますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

・停電が起きた後、データにアクセスできなくなった
RAIDのシステム構成情報が破損している、もしくは停電によってRAID構成ディスクに物理的な障害が発生している可能性があります。 電源をONにすると、RAIDのコントローラーが自動でデータを修復しようとして損傷が広がり症状がわるくなってしまう場合がありますので、まずは電源をOFFにし、ご使用を中止してください。

上記のよくある症状以外にもバッファローの「データ復旧サービス」ではすべての症状に対応しています。 気になることやご質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

復旧料金

バッファローのデータ復旧サービスでは、バッファローのNASの場合、ファイルシステムが損傷したといった軽度の論理障害ならば、商品の保証期間内だと無料となっています。なお、保証期間外の場合は1ドライブモデルなら30,000円、2ドライブモデルなら80,000円となっています。
ファイルの管理領域の障害や、マルウェア、ウィルスに感染して、PCがクラッシュしたなどの理由でも、一度バッファローのデータ復旧サービスで見積もりを取ってみると良いでしょう。誤操作による初期化やデータ削除といった中度の論理障害ならば、同社商品の場合、1ドライブモデルなら45,000円、2ドライブモデルなら120,000円となっています。それよりも復旧に高度な技術が要求される場合は別途見積もりが必要となります。

バッファローのデータ復旧サービスの特徴として、他社商品も扱っているという点も挙げられます。軽度の論理障害だと1ドライブモデルなら40,000円、2ドライブモデルなら100,000円となります。中度の論理障害の場合は1ドライブモデルなら55,000円、2ドライブモデルなら140,000円で、重度は同社商品と一緒で別途見積もりによる価格になります。まずは相談ください。

料金表はこちら

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • バッファロー正規 データ復旧サービス
  • 故障予測サービス 「みまもり合図」