ブルーレイディスクの再生ができません(ブルーレイドライブ)

公開日:

更新日:

ID: 1089

Q

詳細

BluRayディスクを再生しようとするとエラーが表示され、再生ができません。

「デジタル出力デバイス保護コンテンツを再生できません。ディスプレイがHDCPに対応するか確認してください」と表示される。

A

次の対策1~対策6を順に確認してください


対策1. 対応を確認します

お使いのパソコンがブルーレイの再生に必要な環境を満たしているかどうか、下記サイトのソフトウェアで確認します。

ダウンロードの際、E-mailと氏名の入力、国選択が必要です。下記内容での利用も可能です。

お名前

BUFFALO

メール

BUFFALO@cyberlink.com

Japan

また、上記と合わせて商品パッケージや商品情報ページで商品の正常使用に必要なパソコンの動作環境を確認してください。

対策2. Blu-ray Disc側に問題がないか確認します

再生しようとしているBlu-ray Discに問題はないか確認するため、再生するBlu-ray Discを変更したり、他のブルーレイドライブに挿入して 再生できるBlu-ray Discかどうか確認します。
また、以下の点も合わせて確認してください。

海外向けのBlu-ray Discを再生している可能性
海外向けのBlu-ray Discを再生している場合、ブルーレイドライブ本体に設定されているリージョンコードとBlu-ray Discタイトルのリージョンコードが異なることが原因で、正常に再生ができていない可能性があります。
再生する際は、ブルーレイドライブ本体のリージョンコードをBlu-ray Discのリージョンコードと同じコードに設定する必要があります。

対策3. 再生ソフトのアップデータを適用します

再生ソフトのアップデートが提供されている場合、アップデートを行うことで 正常に再生できるようになることがあります。使用している再生ソフトメーカで、アップデートが提供されているか確認し、アップデートが提供されている場合は、アップデートして再生を確認してください。

再生ソフトのアップデートについては、使用しているソフトメーカへお問合せください。

対策4. グラフィックボードのドライバーをアップデートします

グラフィックボードのドライバーバージョンが古い可能性があります。
使用しているパソコンや、グラフィックボードメーカのサイトを確認し、 ドライバーのアップデータが公開されている場合は、最新版のドライバーを適用してください。

対策5. 常駐ソフトを停止します

常駐ソフト(ウィルスチェックのソフト等)をインストールしている場合、 それらのソフトが実際には動いていないようにみえても常駐して動作している場合があります。
その場合、CPUの動作が常駐ソフトに奪われ、スムーズに動画の再生が できなくなることがあります。
他に動作させているアプリケーションソフトがある場合は終了し、常駐ソフトは外してから再生を確認してください。

対策6. 他の周辺機器を取り外します

ブルーレイドライブ以外に増設している機器がある場合、それらの機器を取り外し、商品のみパソコンに接続してください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。