i-フィルター for BUFFALO の設定方法

公開日:

更新日:

ID: 124141729

Q

詳細

i-フィルター for BUFFALO の設定方法

対象商品

本ページ末尾の『このご質問の対象となる「商品・OS・接続機器」を表示』をクリックして確認してください。

WXR-1750DHP2およびWXR-1751DHP2は、ファームウェア Ver.2.54以降で対応しています

A

「i-フィルター」機能を使用するには、ユーザー登録が必要です。初回登録時、トライアル期間として60日間無料で使用できます。

フィルターされるセッションは、デフォルトセッション中のHTTP通信のみとなります。
PPPoEマルチセッションを利用している場合や、SSL通信、外部プロキシサーバーを利用している場合は、フィルター機能は動作しません。

トライアル期間終了後、継続して使用する場合は、「i-フィルター」サービスページで継続契約(有料)してください。

1.Wi-Fiルーターの設定画面を表示します。

2.「詳細設定」のパネルをクリックします。

詳細設定

3.「セキュリティー」-「i-フィルター」をクリックします。

4.[「i-フィルター」サービスページ>>]をクリックすると、ユーザー登録画面が表示されます。画面にしたがってユーザー登録を行います。

i-フィルターユーザー登録

5.「「i-フィルター」機能」の「使用する」にチェックを入れ、「閲覧禁止カテゴリー」を設定し、[設定]をクリックします。

閲覧禁止カテゴリー設定

「「i-フィルター」機能」の「使用する」のチェックを外すには、管理者パスワードを設定する必要があります。「詳細設定」-「管理」-「システム設定」から設定してください。

「有効期間」は、「「i-フィルター」機能が有効」かつ「ユーザー登録後、契約期間が取得済み」の場合に表示されます。

6.「i-フィルター」機能を適用しないパソコンがある場合は、[除外パソコンリストの編集]をクリックします。

除外パソコンリストの編集

7.「登録するMACアドレス」を入力して、[新規追加]をクリックします。

新規追加

MACアドレスは2桁ずつ、コロン(:)で区切って入力します。

複数のMACアドレスを入力する場合は、スペースで区切って入力します。

「検出されたパソコンリスト」に「i-フィルター」を適用しないパソコンがある場合は、[追加]をクリックして追加できます。

8.[編集を終了して前の画面へ戻る]をクリックします。

以上で設定は完了です。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器