フラッシュメモリーにデータの書き込みができません(Windows)

公開日:

更新日:

ID: 1380

Q

詳細

フラッシュメモリー(USBメモリー、メモリーカード※)にデータの書き込みができません。
書き込み禁止エラーが表示されます。

メモリーカード:SDカード、SDHC、SDXC、microSD、microSDHC、コンパクトフラッシュ

A

「書き込み禁止」のエラーが発生し、書き込みができないときは、 次の対策1.~対策.9を確認します。


対策1. 「書き込み禁止スイッチ/誤消去防止スイッチ」を確認します

商品本体の脇にある 「書き込み禁止スイッチ/誤消去防止スイッチ」 の ロックが外れているか確認します。

商品によってはスイッチがない商品もあります。

各セキュリティ商品(SecureLockWareやRUF2-Fシリーズ)に関しては、 正常にロックが解除できているかどうかを確認します。 ロックが解除できていない場合、商品にアクセスしても書込みできません。


対策2. フラッシュメモリーからパソコンへのデータコピーは可能かどうか確認します

フラッシュメモリーからパソコンへのデータのコピーが可能であれば、 次の手順でフラッシュメモリーへデータの書き込みをお試しください。

1. 商品内のデータをパソコン本体のデスクトップ等に1つコピーし、コピーさせたデータは商品内部から削除します。

2. 商品内のデータ数が1つ減った状態で、商品内に1つフォルダを作成します。[右クリック]-[新規作成]-[新しいフォルダ]で新しいフォルダが作成できます。

3. 新規に作成したフォルダ内へデータの書込みが可能かどうかご確認ください。

上記手順で書込みが可能であった場合、商品内のルート部分にファイル数が多くなったために書込みが出来ない状態であったと考えられます。
その際は、フォルダを作成し、そのフォルダ内へデータを保存してください。


対策3. フォーマットをします

商品本体のフォーマット情報が不安定になっている可能性があります。 [マイコンピュータ]内のフラッシュメモリーを「右クリック」してフォーマットを実行します。

専用のフォーマット方法が準備されている商品もあります。 以下を参照してください。

一部の商品には専用のフォーマットユーティリティを用意しています。 フォーマットを行う場合は、ダウンロードサイトから商品の専用フォーマッターを ダウンロードしてください。

ご利用の商品のシリーズやバージョンにより、対応するフォーマッタが異なります。

フラッシュメモリーをフォーマットすると保存したデータはすべて消失します。トラブル予防策として、予め、他媒体にバックアップしておくことをお勧めします。

フォーマットができなかったり、フォーマットをおこなっても現象が改善しない場合、 商品本体の物理的な問題の可能性が高く、設定等では回避できません。
その際は、修理センターで商品の点検することをことをお勧します。


対策4. USBポートを変更します

パソコンにUSBポートが複数ある場合は、USBポートを変更します。 USBハブやPCカードを介して接続している場合はそれらを外し、 パソコンのUSBポートに直接接続します。


対策5. 常駐ソフトを停止します

常駐ソフト(ウィルスチェックのソフト等)がインストールされている場合は、 ソフトのプログラムが影響しフラッシュメモリーが正常に動作できない可能性があります。該当ソフトを常駐から外すか、アンインストールして動作をお試しください。

常駐ソフトの詳細な設定についてはソフト製造元にお問い合わせください。


対策6. 他の周辺機器を取りはずします

商品以外に増設している周辺機器がある場合は、 これらの機器が影響して正常に動作できない可能性があります。

他の周辺機器を取り外して、商品単体をパソコンに接続して動作を確認します。


対策7. 対策1~6を確認しても改善されない場合

上記対策1~6を確認しても改善されない場合、ハードウェア故障の可能性があります。 修理センターでの点検をおこなってください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。