空き容量が少なくなった場合に、監視カメラ機能で録画した古いデータを自動で削除する方法(TS5000、TS3000シリーズ)

公開日:

更新日:

ID: 14219

Q

空き容量が少なくなった場合に、監視カメラ機能で録画した古いデータを自動で削除する方法(TS5000、TS3000シリーズ)

A

一定のメディア使用量(録画データを保存するための論理記憶領域)を越えたら、古い録画データから順番に削除(パージ)するときは次のように行います。

1.[スタート] - [BUFFALO] - [BUFFALO Surveillance Server] - [Data Service Policies] をクリックします。

Windows 8.1/8では、スタート画面の [Data Service Policies] をクリックします。

2.アイコンをクリックし、Create a Policy画面が開いたら、以下のように設定し [OK] をクリックします。

※図1

Policy Name

「PurgeTest」を入力します。

Policy Type

「Purge」を選択します。

3.[Source] タブをクリックし、[Vault]から録画データが保存してある本商品を選択します。

4.[Criteria] タブを開き、[Miscellaneous Options] の [Watermark: High] および [Low] を設定します。

例として、メディア使用量(録画データを保存するための論理記憶領域です)が80%を越えた場合、メディア使用量が40%になるまで古いデータを削除するには以下のように設定します。

Watermark: High

「80」

Watermark: Low

「40」

5.[Scheduling] タブからスケジュール実行日時を設定し、アイコンをクリックして登録します。

※図2

例:平日の午前2:00実行するよう設定します。

1. [When should the job run ?] から [On selected days each week.] を選択します。

2. [Days]画面を開いて、[Monday] ~ [Friday] にチェックを入れます。

3. [Time] 画面を開き、[AM] および [2:00] を選択して [OK] をクリックします。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。