メモリー増設後、正常に認識されない場合の確認手順

公開日:

更新日:

ID: 15276

Q

メモリー増設後、正常に認識されない場合の確認手順

A

メモリー増設後、メモリー容量が増えない場合や、増設した容量よりも少なく表示される場合の対処方法をご案内します。
手順に従って、設定を確認してください。

手順1 メモリー容量が正常に認識されているかどうか、確認します。

メモリー容量が正常に認識されているかどうか、確認します。

[コンピュータ] もしくは[マイコンピュータ]上で右クリックし、[プロパティ]を選択すると確認することができます。
メモリーが正常に認識されたかどうかの確認方法はこちら

手順2 対応を確認します。

ご使用のパソコンにお手元のメモリーが対応しているかどうか、対応情報を確認します。

対応情報で確認できないパソコンについては、対応メモリーはありません。

対応メモリーをご利用の場合
手順3を確認します。

非対応メモリーをご利用の場合
対応していないメモリーは、使用することができません。対応メモリーをご使用ください。

手順3 トラブルシューティングを行います。

メモリーを装着しても正常に認識できない場合、下記項目が影響している可能性があります。
順番に項目を確認してください。

1.メモリースロットの故障や接触不良の可能性
メモリーが奥まで正しく装着されていない場合は、認識することができません。
スロットのほこり等をはらった後、メモリーを装着しなおしてください。
また、メモリースロットが複数ある場合は、メモリーを装着するスロット位置を変更します。

2.他のメモリーとの組み合わせによる可能性
パソコン本体に元々装着されている純正メモリーを取り外すことが可能であれば、純正メモリーを取り外し、バッファロー製メモリー単体のみを装着して確認します。

3.パソコン本体のBIOSとの組み合わせによる可能性
パソコンメーカーからBIOSのアップデータが提供されている場合は、それらをアップデートすることにより、現象が改善されることがあります。パソコンの最新のBIOSアップデータの有無、および適用方法についてはパソコンメーカーのホームページを確認してください。

BIOSアップデータ適用方法などの詳細についてはパソコンメーカーへお問い合わせください。

4.その他の部分で増設メモリーが使用されている可能性
メモリー増設後、Windows上からメモリーの容量を確認しても増設した容量が表示されない場合があります。
パソコンの機種によってはメインメモリーの一部をVRAM(ビデオメモリー)に使用するものがあり、VRAMに使用している分だけWindows上からは、数MB~64MB程度、少なく表示されます。
これらの現象は異常ではないため、そのままご利用いただいて問題ありません。

パソコン上で使用されるVRAMの容量につきましては、パソコンの機種により異なります。
詳細についてはパソコンメーカーへ確認してください。

5.BIOSの設定が影響している可能性
パソコン本体のBIOSをリセットすること等により、問題が改善されることがあります。

BIOSの設定についてはパソコンメーカへお問い合わせください。

解決しない場合

メモリーに問題が発生している可能性があります。
誠に申し訳ございませんが、弊社修理センターでの修理・点検をご検討ください。

購入直後の場合は、メモリーの個体不良(初期不良)の可能性があります。
購入した販売店に商品の初期不良交換を相談するか、サポートセンターまでお問い合わせください。
できるかぎり、早めに連絡・相談をしてください。
なお、販売店によって初期不良交換の期間(購入日より1週間以内等)や販売形態が異なり、交換できない場合があります。

修理センターへ商品を送付する場合や、初期不良交換の場合は、購入日を証明できるもの(領収書、保証書等)が必要になります。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。