SeeQVault(シーキューボルト) とは?

公開日:

更新日:

ID: 15531

Q

SeeQVault(シーキューボルト) とは?

A

SeeQVault™ 」(シーキューボルト)とは、地デジや衛星放送の番組などの著作権保護されたHDコンテンツを機器をまたいで再生・視聴できる、パナソニック、サムスン、ソニー、東芝の4社が開発した再生互換性のための新技術です。

従来は録画した機器でしか再生できなかった録画番組が、同じメーカーであればテレビ/レコーダーを換えても再生可能になります。

注意事項

下記の条件をすべて満たす場合に再生可能です。

SeeQVault対応のハードディスクを使用していること

録画またはダビングを行うテレビやレコーダーがSeeQVaultに対応していること

SeeQVault対応のハードディスクをSeeQVault方式でフォーマット(初期化)していること。
ハードディスクを番組の録画用にフォーマット(初期化)すると、別の機器で視聴することができません。

再生するテレビやレコーダーもSeeQVaultに対応していること

録画した機器と同じメーカー同士であること。(違うメーカーでの再生は対象外です)

SeeQVault方式でのフォーマット(初期化)方法はお使いの機器の取扱説明書をご確認ください。

SeeQVault方式でハードディスクに録画する方法はお使いの機器の取扱説明書をご確認ください。
SeeQVault方式で直接録画できる機器と、内蔵ハードディスクに録画してからダビングする必要のある機器があります。

再生できない組み合わせ例

例1

録画またはダビング元のテレビがSeeQVaultに対応していない場合、SeeQVault方式で記録ができないため、 ハードディスクと再生側がSeeQVaultに対応していても再生できません。

SeeQVault対応ハードディスクはSeeQVaultに対応した機器(テレビ・レコーダー)のみ対応確認の対象としています。

例2

再生するテレビがSeeQVaultに対応していない場合は再生できません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器