TS5010、TS5000、TS5000Nシリーズバックアップ動作・設定についてよくある質問

公開日:

更新日:

ID: 15737

Q

TS51210RHは、TS5010シリーズです。

バックアップ方式について

バックアップ動作について

履歴管理バックアップについて

A

バックアップ方式について

Q.設定可能なデータのバックアップ方法、設定方法を確認したい
A.TeraStation内のデータバックアップ方法として、スケジュールでのバックアップ、レプリケーション、フェイルオーバーという機能があります。

それぞれの機能を利用することによりUSBHDDや他のTeraStationに対してデータのバックアップを実施することが可能です。

バックアップ先として利用可能な機器は機能により異なります。

設定事例集にて用途別に設定事例・方法を説明していますのでご参照ください。

バックアップ動作について

Q.最大いくつのバックアップタスクを設定可能ですか?
A.最大8タスクまで作成可能です。
Q.バックアップ中にファイルアクセス可能ですか?
A.バックアップ中であってもファイルのアクセスは可能です。

ただし、バックアップ実行中にファイルアクセスを実施した場合、バックアップに失敗する恐れがあります。

Q.USBHDDに対してバックアップをすることはできますか?
A.USBHDDに対してバックアップを実施することは可能です。

対象のUSBHDDはこちらをご確認ください。

また、設定方法は設定事例集をご確認ください。

Q.バックアップしたデータを戻したい(リストア)したい
A.下記FAQをご確認ください。
Q.1時間ごとにバックアップを取りたい
A.スケジュールバックアップは最短1日1度の実施となります。

1時間等短い間隔でのバックアップ設定をすることはできません。
短い間隔でバックアップを取得する用途の場合、レプリケーション設定での運用を検討ください。

Q.他社製のNASに対してバックアップ設定を実施することはできますか?
A.他社製のNASに対してバックアップ設定を実施することはできません。

履歴管理バックアップについて

Q.履歴管理バックアップの動作を知りたい
A.指定した世代(回数)分のバックアップデータを保持するバックアップ方法です。

複数の世代(回数)で重複しているファイルは内部で1ファイルです。

Q.他NASの履歴管理バックアップをとりたい
A.履歴管理バックアップで他のNASに対してバックアップを実施する場合は バックアップ先のTeraStaionより履歴管理バックアップ設定を実施ください。

履歴管理バックアップのバックアップ先は設定するTeraStationのみ選択可能なため

Q.履歴差分バックアップの容量について/Windowsのフォルダプロパティでデータ量を確認した際に重複してデータが存在する(データ量が多い)ようにみえます
A.Windowsのプロパティで容量を確認すると重複してデータが存在するように見えます。

実際に消費した容量は元のデータと変更されたデータを合わせた容量です。

世代間で重複したデータは1つとしてみなされます。

重複したデータは内部で1つのファイルを各履歴フォルダに表示させているため複数データが存在しているように見えます。
TeraStation設定画面やNasNavigartor2よりディスクの使用量をご確認ください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。