【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】SSID(ESS-ID) ステルス機能

公開日:

更新日:

ID: 15823

Q

用語説明(ネットワーク 無線LAN)

SSID(ESS-ID)ステルス機能

A

SSID(ESS-ID)ステルス機能とは、アクセスポイントが発信するビーコンパケットの中にSSID(ESS-ID)の情報を含めず、SSID(ESS-ID)を隠す(見えなくする)機能です。
これによりSSID(ESS-ID)を知っている人だけが接続できるようになるため、セキュリティーを高めることができます。

OS標準のワイヤレスネットワーク接続機能や無線LANの設定ユーティリティーソフトでは、電波の届く範囲にあるアクセスポイントのSSID(ESS-ID)を自動的に検知して一覧で表示する機能があるため、第三者にも無線LANの存在を知られ、不正にアクセスされる可能性があります。

OS標準のワイヤレスネットワーク接続機能にて無線接続を行う場合、ANY接続拒否/SSID(ESS-ID)ステルス機能を使用すると、無線接続ができない場合があります。
OS標準のワイヤレスネットワーク接続機能にて無線接続できない場合、ANY接続を許可する設定にてご利用ください。

上記FAQに記載のない商品は、ANY接続拒否/SSID(ESS-ID)ステルス機能は搭載されておりません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。