ハードディスク/USBメモリーを暗号化したいです。(SecureLock Mobile2)

公開日:

更新日:

ID: 16225

Q

ハードディスク/USBメモリーを暗号化したいです。(SecureLock Mobile2)

A

タブレットの場合は、「クリック」を「タップ」に読み替えてください。

ご注意

暗号化方式はAES256です。

登録したパスワードおよびパターンは厳重に管理してください。

登録したパスワードおよびパターンが第三者に知られた場合は、暗号化したデータを復号される恐れがあります。 正しく認証を行えなかったことにより、暗号化したファイルの閲覧が不可能になったり、データの削除が必要となった場合、 当社はその責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。


手順1.インストールする

1.商品をパソコンに接続します。

2.「SecureLock Mobile2」をダウンロードします。

3.ダウンロードした「SecureLockMobile2-XXX.exe」(※図1)を実行し、画面の指示に従って操作してください。

※図1

「XXX」はバージョン番号です。

商品内にSecureLock Mobile2がインストールされます。


手順2.SecureLock Mobile2を起動する

1.SecureLock Mobile2をインストールした商品をパソコンに接続します。

2.PC (コンピューター) 内に表示されたUSBドライブをダブルクリックします。

3.USBドライブ内の「SecureLockMobile2.exe」(※図2)をダブルクリックします。

※図2

SecureLock Mobile2が起動しました。


手順3.ファイルを暗号化する

1.手順2で、SecureLock Mobile2を起動してください。

2.パスワードで暗号化する場合は「パスワード方式」に、パターンで暗号化する場合は「パターン方式」に暗号化するファイルをドラッグ&ドロップします。

複数のファイルを一度にドラッグ&ドロップすることでも、暗号化できます。一度に暗号化できるファイルの上限は10,000個です。

フォルダーをドラッグ&ドロップすると、フォルダー内のファイルをまとめて暗号化できます。

暗号化したファイルには復号に必要な情報が付け加えられるため、元ファイルのサイズより大きくなります。
暗号化したファイルのサイズが商品の空き容量より大きいと暗号化できません。
ドラッグ&ドロップ時に「保存先の空き容量が足りない」旨のメッセージが表示された場合は、 商品の空き容量を増やしてから、もう一度暗号化してください。

3.暗号化で使用するパスワードまたはパターンを登録します。

パスワードを入力し、[暗号化する] をクリックしてください。
ヒントを入力すると、パスワード認証画面にヒントが表示されます。(ヒントを入力しなくてもパスワードを設定できます。)

パスワードに使用できる文字数は、1~16文字(半角英数記号のみ)です。ヒントに使用できる文字数は、64文字までです。


4.暗号化が完了すると、処理が完了した旨のメッセージが表示されます。

暗号化したファイルが、USBドライブ内にある「SecureLockMobile2」フォルダー内に保存されます。
フォルダーを開く場合は、[保存先を開く] をクリックしてください。画面を閉じる場合は、[OK] をクリックします。

暗号化したファイル、およびファイル名の拡張子部分「.bufenc」は編集しないでください。正しく復号できなくなります。

暗号化の処理ができなかった場合は、画面に処理できなかったファイルの名前と、理由が表示されます。

以上で完了です。

商品内「SecureLockMobile2.exe」(※図3)のアイコンにファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップすることでも、暗号化することができます。

※図3

ドラッグ&ドロップすると、手順3の「パスワードを登録する場合」の画面が表示されます。以降は手順3に従って操作してください。

この方法では、パターン方式で暗号化することはできません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。