Windowsファイアウォールの例外にアプリケーションを追加する方法

公開日:

更新日:

ID: 792

Q

詳細

Windowsファイアウォールの例外にアプリケーションを追加する方法

対象OS

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

A

手順は以下をご確認ください。

Macでの手順はこちらをご確認ください。

Windows 10

以下はクライアントマネージャVをWindowsファイアウォールの例外に追加する例です。ご利用のソフトウェアが異なる場合、クライアントマネージャVをご使用のソフトウェア名に置き換え、確認ください。

1.画面左下のWindowsロゴをクリックし、[Windowsシステムツール]-[コントロールパネル]を選択します。

2.コントロールパネルから [システムとセキュリティ] をクリックします。

コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合

コントロールパネルの表示方法がカテゴリの場合

コントロールパネルの表示方法が大きいアイコン、小さいアイコンの場合は、 [Windows ファイアウォール] - [Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可] を選択し、手順4へ進んでください。

3.[Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可] をクリックします。

4.[設定の変更] をクリックします。

5.[別のアプリの許可]をクリックします。

6.使用するソフトウェア名を選択し[追加]をクリックします。

7.[許可されたアプリおよび機能]欄に手順6で追加したソフトウェア名が表示されていることを確認し画面を閉じます。

以上で完了です。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。