TCP/IPでネットワークを構築する場合のIPアドレスの設定規則

公開日:

更新日:

ID: 798

Q

TCP/IPでネットワークを構築する場合のIPアドレスの設定規則

A

IPアドレスとは

簡単に言えばコンピューターネットワーク上の機器につけられた各機器を識別する番号、つまり住所や電話番号のようなものです。コンピューターが通信を行なう際に、互いを識別する番号によって認識します。
インターネットにアクセスする機器(パソコン、ルーター、モデムなど)には、それぞれIPアドレスが割り当てられています。
また、設定するには以下の3つの規則に沿うことが必要です。

規則1

TCP/IPで通信を行なう場合には各ネットワークに接続している機器(パソコン、 プリンター、サーバー、ルーターなど)にIPアドレスを設定する必要があります。

規則2

IPアドレスは同一ネットワーク上で固有の番号である必要があります。

規則3

IPアドレスは次の二つの要素で構成されます。

IPアドレス

IPアドレスは各機器の識別番号です。インターネットの世界では直接使用できるのものは、グローバルIPアドレスと 呼ばれる世界中でひとつしかないものを使用し、ルーターなどでインターネット から区切られた内では、ローカルIPアドレスを使用する場合が多いです。

例えば、グローバルIPアドレスをマンションの場所を示す住所とすれば、 ローカルIPアドレスはそのマンションの部屋番号です。ネットワーク内で固有のものである必要があります。

192.168.11.100

サブネットマスク

サブネットマスクはネットワークの範囲を示す為に用います。同一ネットワークに所属できる台数(=範囲)を示します。

サブネットマスク  設定台数 設定可能な範囲
255.255.255.0 254台 192.168.11.1~192.168.11.254
255.255.0.0 65534台 192.168.0.1~192.168.255.254

設定例

192.168.11.1~254 / 255.255.255.0

バッファロー製ルーター商品をご利用で、一般的な会社・ご家庭で機器に IPアドレスを割り当てる際には上記の範囲をお使いください。

上記の説明のIPアドレスの規則は、ほんの一部です。IPアドレスに関する詳細についてはTCP/IPの解説本にてご確認ください。

以上

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器