中継機を選ぶポイントはデュアルバンド同時接続

Wi-Fiの電波が届きにくい場所へWi-Fiルーターの電波を中継して届ける中継機。

「デュアルバンド同時接続」対応の中継機なら、速度が半減する切替式やシングルバンドの製品と比べて速度が半減ぜず接続できます。その理由をわかりやすく紹介します。

「デュアルバンド同時接続」とは

「デュアルバンド同時接続」に対応した中継機とは、【親機-中継機】と【中継機-子機】の通信を、それぞれ5GHz帯と2.4GHz帯の二つ帯域を同時使用できる方式です。
一つの帯域のみを中継する方式の場合は、通信速度の低下が見られますが、本製品はそれぞれ異なる帯域で中継するため通信速度が半減しません。

デュアルバンド同時接続

親機から受けた電波を別の周波数帯でそのまま子機に中継

デュアルバンド切替式/シングルバンド

同じ周波数帯を切り替えて子機に中継

「デュアルバンド切り替え式」または「シングルバンド」の場合は【親機-中継機】と【中継機-子機】の通信を、それぞれ5GHz帯と2.4GHz帯の二つ帯域を交互に使用するため通信処理に2倍の時間がかかるため、通信速度が半減します。

速くつながるのは「デュアルバンド同時接続」

「デュアルバンド同時接続」に対応した中継機と、そうでない中継機では、中継先の子機に届く時の転送速度に大きく違いが出ます。
速度を落とさずに電波を中継するには「デュアルバンド同時接続」に対応した中継機を選びましょう。

中継機を選ぶポイントは速度が半減しない
「デュアルバンド同時接続」

デュアルバンド同時接続が速くつながるワケ

「デュアルバンド同時接続」に対応しているとなぜ速いのかを動画でわかりやすく紹介しています。

「デュアルバンド対応」に注意

「デュアルバンド対応」の中継機は、5GHz帯と2.4GHz帯の接続に対応していますが、実際に電波を中継する際は、どちらか一方のバンドしか使用しません。
つまり2.4GHz帯の電波を受信している場合は、子機への電波も2.4GHz帯を使用するため、速度が半減します。

一方、「デュアルバンド同時接続」の場合は、親機からの電波と子機に送る電波で、別のバンドを使用するので速度が半減しません。

デュアルバンド同時接続対応製品

通信速度はイメージです。実際の通信速度はご利用の環境によって変動します。
また、通信速度を保証するものではありません。

用途に合わせた中継機を選ぶポイント

3階建、AV家電も楽しみたい

ハイパワー&可動式アンテナ有線対応で安定した電波環境をつくれる

可動式外付けアンテナにすることで電波の方向をカスタマイズして利用環境に合わせた電波環境を構築。有線接続にも対応しています。

対応機種

スマホ、タブレットをより遠くでも使いたい

ハイパワーだからより遠くまで電波が届く

内蔵アンテナを大型化することで、より遠くまで安定した電波を届けられます。

対応機種

有線LAN対応のスタンダードモデル

LANポート搭載で有線LAN対応機器も無線化

中継機のLANポートにつないで有線LANに対応した機器を、親機から離れた場所でもネットワークに接続できます。

対応機種

設定も設置も簡単

WPS対応でワンタッチ接続

Wi-Fiルーターとの接続はワンタッチで設定完了。
WPS対応のWi-Fiルーターなら、他社製品でもワンタッチで接続できます。

コンセントにそのまま挿せる

コンセントのある場所ならどこでも設置可能。
コンパクトな設計でケーブルも使わないので、階段の踊り場のような狭い空間や脱衣所や高い場所にもスッキリ設置できます。

デュアルバンド同時接続対応中継機ラインナップ