10Gbpsインターネット時代到来
Wi-Fi 6で真価を発揮
8×8 12stream 
5GHz 4803 + 2.4GHz 1147 Mbps 
WAN/LAN 10 Gbps
2019年、次世代の高速インターネット「10Gbps回線」サービスが続々と開始されています。
まもなく、わたしたちの生活の中で利用するものにも、「4K・8K映像のネット配信」 「家庭内の家電などを外出先から操作」「eスポーツ」など、 高速インターネットサービスが必要となってきています。

この記事では、大本命の次世代Wi-Fi「Wi-Fi 6 (11ax)」を中心に最先端ネットワークを紹介していきます。 次世代の高速モバイルインターネット「5G」が注目を集めていますが、 次世代ホームネットワーク「Wi-Fi 6」で自宅のネット環境もステップアップしていきましょう。
最大速度10Gbpsも登場!
次世代高速インターネットが
ご家庭に
続々サービスがスタートしている「ギガ越えインターネット回線」。
1Gbps(通称:ギガ)を超越する2Gbps以上10Gbpsまでの回線の選択肢も増えています。

これまでの100Mbps~1Gbps級回線では不可能だった、 よりリッチなコンテンツをわたしたちの家庭にもたらすと期待されています。
主な1Gbps超級
インターネット回線
●auひかり ホーム10ギガ・5ギガ
●NURO 光 10Gs・6Gs
今後も大手通信会社、CATV等も続々参入の見込みです。

(2019年8月現在)
「10Gbps」は
容量・スピードを表す
10Gb(10ギガ ビット)はデータ容量を表す単位です。
速度の単位として1秒間あたりに送信できるビット数を表す場合に使われるのが「bps(ビット パー セコンド)」です。 つまり、10Gbpsは1秒間に10,000,000,000(100億)ビットの伝送を指します。
スピード・多台数通信に強い
大注目の新しいWi-Fi規格
「Wi-Fi 6」とは
Wi-Fi 6 とは
新たに登場したWi-Fi規格が「Wi-Fi 6」。
従来は分かりにくかったWi-Fiの命名ルールが改められ「第6世代のWi-Fi」であることがわかりやすくなりました。
新技術が反映され、これまでのWi-Fiよりも進化しています。
●スピードがスゴイ
新技術が反映されたことにより、従来規格よりももっと高速なWi-Fi機器の設計が可能になりました。 例えば、バッファロー製WXR-5950AX12の速度は最大4,803Mbps(規格値)。 従来の最上位機種WXR-2533DHP2(11ac世代)の最大1733Mbpsの約2.7倍高速です。

※ 5GHzのみの速度
ハイスピードの秘密1
「ワイドバンド」
スピードの基本となる通信帯域が5GHz帯では従来の「80MHzチャネル」から、Wi-Fi 6では「160MHzチャネル」に拡大。 このワイドバンド化によってトップスピードが大きく向上されることとなりました。
ハイスピードの秘密2
「1024QAM」
「160MHzチャネル」と「1024QAM」の2つの組み合わせが可能となり、 2.4GHz帯でも大幅に速度向上を果たしています(4×4モード通信時 最大1147Mbps)。 前世代の11acは5GHzのみの高速化だったため、2.4GHz帯は2世代ぶりの革新となりました。
●多台数同時接続が
スゴイ
同時接続するWi-Fi子機がたくさんに増えた場合でも効率的に通信が可能となりました。
多台数同時接続の秘密 「OFDMA」
eスポーツに代表されるネットワークゲーム環境に嬉しいのが、低遅延による速度向上に威力を発揮する技術「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」の採用です。
通信帯域を分割して管理する手法で、同時通信時の時間あたりの通信効率が大きく向上されました。 前世代の11acで採用されていたOFDM方式よりも高度な技術に進化しています。
+α スマホのバッテリーに優しくてスゴイ
従来のWi-Fiには無かった新機軸が、スマートフォンなど子機側のバッテリー消費を抑える「TWT(Target Wake Time)」という技術です。
Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを調整し、信号受信待機の必要がない時に子機側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。
今後、TWT対応スマートフォンなどの登場が期待されます。
知って納得 Wi-Fi 6
Q. Wi-Fi 6とこれまでのWi-Fiの違いは? 互換性は?
Wi-Fi 6での通信はWi-Fi 6の対応機器同士のみで行えます。 Wi-Fi 6ならではの恩恵を受けるには、今後登場するWi-Fi 6対応スマートフォンなどとの組み合わせが必要です。 但し、Wi-Fi 6対応のWi-Fi親機には従来のWi-Fi規格(11ac/n/a/g/b)も搭載されているので、既存のWi-Fi子機との通信は(従来規格にて)可能です。
Q. Wi-Fi 6はどんな機器で使えるの?
バッファローから発売されるWi-Fiルーター「WXR-5950AX12」や「WXR-5950AX12R」をはじめ、 スマートフォンやパソコンなどでもWi-Fi 6対応商品が続々登場します。 QualcommやIntelなど大手通信用チップメーカーからの出荷・発表も相次ぎ、これらの搭載品が今後増えていく予定です。
10Gbpsインターネットの
真価を発揮。
ギガ越えホームネットワーク
商品
従来の1Gbps対応ギガネットワーク機器ではせっかくの次世代高速インターネットを活かしきれません。
続々登場する次世代ホームネットワーク商品をご紹介します。


10Gbpsインターネットを活かした
ホームネットワークを構築する

【ここがポイント】
10Gbps回線スピードを活用できる、WAN / LAN 10Gbpsポート搭載が機器選びのポイント。 特にWi-Fi 6親機ではWANポート仕様をしっかりチェックしましょう。



関連商品
Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター
4803+1147Mbps AirStation
(Launch Edition)

WXR-5950AX12R

Wi-Fi 6(11ax)対応Wi-Fiルーター
4803+1147Mbps AirStation

WXR-5950AX12

Multi Gigabit対応 PCIeバス用 LANボード
LGY-PCIE-MG

2.5Gbps対応 USB LANアダプター
LUA-U3-A2G

ツメの折れないLANケーブル
カテゴリー7 ストレート スタンダードタイプ

BSLS7NUBLシリーズ

※スタンド使用時は、ケーブルフックに挟まずご使用ください。


ツメの折れないLANケーブル
カテゴリー6A ストレート フラットタイプ

BSLS6AFUBKシリーズ

ツメの折れないLANケーブル
カテゴリー6A ストレート フラットタイプ

BSLS6AFUBLシリーズ