ファイルシステム(FAT32、FAT16、NTFS、exFAT、HFS、HFS+、APFS)の違いについて

公開日:

更新日:

ID: 1079

Q

FAT32、FAT16、NTFS、exFAT、HFS、HFS+、APFSとは何ですか。

A

ハードディスクやMOディスク等をフォーマットを行う際に選択するファイルシステムには、FAT16、FAT32、NTFS、exFAT等があります。

また、各Windows(Windows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista/ XP/ 2000/ Me/ 98/ NT等)、mac OSによって、対応しているファイルシステムが異なります。

Windows⇔Mac間のデータ共有には両方の標準フォーマッターで扱えるFAT16、FAT32、exFATが適しています。

各OSがどのファイルシステムに対応しているかの確認は以下のFAQでご確認ください。

FAT16

Windows 95(4.00.950/4.00.950a)、Windows NT、Windows 3.1、DOSでも使用できます。

1つの領域として確保できる容量は最大2047MBまでです。
(ただし、DOS/V機でWindows NT4.0をインストールする領域は、最大4.3GBまでです。)
確保する容量が大きくなるとクラスタサイズも大きくなり、ディスクの使用が非効率的になります。
注意・用途 macOSでも利用可能です。
FAT32

クラスタサイズがFAT16よりも小さく、ディスクを効率的に使用できます。
1つの領域として確保できる容量は最大2テラバイトまでです。
1ファイルの容量は最大4GB。(Windows 98/98Seの場合は2GBまでです。)

Windows 95(4.00.950/4.00.950a)、Windows NT、Windows 3.1、DOSなどでは使用できません。
確保する領域が512MB以下のときは、FAT16としてフォーマットされます。 (FAT32としてはフォーマットできません)。

Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaの場合での注意事項
FAT32でフォーマットされた領域作成はOSの制限により32GBまでです。
FAT32のファイルシステムの場合は32GB以下の容量で領域を作成してください。
注意・用途 Windowsで32GBを超える容量の機器を使用する場合は、メーカーが提供しているフォーマッターを利用する必要があります。
(DiskFormatter2など)

macOSでも利用可能です。
NTFS

1ファイルが4GB以上でも保存できる。(容量制限はありません。)

Windows Me/ 98SE/ 98/ 95(4.00.950/4.00.950a)、Windows NT(※)、Windows 3.1、DOSなどでは使用できません。
※ Windows NT4.0はNTFSに対応しています。
注意・用途 macOSでは読み取ることはできますが、書き込みができません。
パソコン以外では、利用できないことが多いです。
exFAT

1ファイルが4GB以上でも保存できます。(容量制限はありません。)
32GB以上の領域を1ボリュームとして設定できません。

Windows XP SP2/SP3をexFAT形式に対応させるためには、マイクロソフトが公開しているexFAT対応の更新プログラムを適用する必要があります。
内蔵ハードディスクには適用できません。
注意・用途 macOSで利用可能です。
パソコン以外の古い機器(携帯電話、AV機器等)では利用できない場合があります。
HFS

1ボリュームあたりの最大容量は約2TB。
1ファイルの最大サイズは約2GB

Classic Mac OS 、Mac OS X 10.X 10.5 のみ対応。
新規にフォーマットする場合、Mac OS X 10.5.3以降は選択できません。
※2016年macOS Sierraにてサポート終了。
注意・用途 基本的にMac専用のフォーマットのため、Windowsとの互換性はありません。
HFS+

Mac OS X 10.3~以降対応。
最大ボリュームおよびファイルサイズは約8EB(エクサバイト)(OSのバージョンによって異なります。)

一度HFS+にすると、MacOS 8.1より古いMac OSに対応できなくなります。
注意・用途 基本的にMac専用のフォーマットのため、Windowsとの互換性はありません。
Mac用フォーマットのUSBメモリーはコンビニのマルチコピー機や写真屋のDPE機で読めないので、印刷用の写真データ持ち運びにはFAT32かexFATフォーマットが適しています。
APFS

ファイルコピーがマルチスレッド化された為ファイルコピーが速いです。
パーティションサイズが可変となり自由に使えます。
ファイル管理がHFS+の32ビットから64ビットになり、より多くのファイルが扱えます。

macOS専用になります。
macOS 10.12 Sierra以前のMacではデータの読み書きができません。
TimeMachine用のHDDはHFS+のみの対応しています。
注意・用途 基本的にMac専用のフォーマットのため、Windowsとの互換性はありません。
HFS+からAPFSに変換はできますが逆はできません。
Mac用フォーマットのUSBメモリーはコンビニのマルチコピー機や写真屋のDPE機で読めないので、印刷用の写真データ持ち運びにはFAT32かexFATフォーマットが適しています。
TimeMachineはバックアップ先の外付けHDDとしてAPFSをサポートしていません。APFSでフォーマットされたディスクをバックアップ先として指定するとHFS+で再フォーマットされます。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。