キッズタイマーの設定方法

公開日:

更新日:

ID: 124141727

Q

詳細

キッズタイマーの設定方法

対象商品

本ページ末尾の『このご質問の対象となる「商品・OS・接続機器」を表示』をクリックして確認してください。

A

動画で手順を見る

動画のタイトル部分をタップしてYoutubeアプリでご覧ください。(隠れている場合はスマホを横向きにすると表示されます)

全編 2分27秒

WSR-2533DHP2の例
(タイマー設定で制限される端末:iPhone 8 タイマー設定する端末:Windows 10)

動画の操作方法
早送り →キー 再生速度 動画再生中にオンマウスで右下に表示される歯車アイコンで設定
巻戻し ←キー 一時停止 動画再生中に画面上でクリック
ジャンプ 1,2,3・・9 キー 再生 一時停止中に画面上でクリック

テキスト版で確認する

無線接続している端末を制限します。(有線接続している端末は「ネット脅威ブロッカー Premium」搭載商品のみ制限が可能)

商品がブリッジとして動作している場合も設定可能です。

connectシリーズはconnectアプリからも設定することができます。

connectアプリで設定する方法

対象商品

connectシリーズ

Wi-Fiルーター・中継機セットモデルを含みます

中継機に有線(LANケーブル)で接続している端末は、「ネット脅威ブロッカー Premium」搭載商品のみキッズタイマー対象です。それ以外の有線接続の端末は対象外です。

1.アプリを起動します。

connectアプリアイコン

2.「ホーム」画面で、画面左上のアイコンをタップします。

メニューアイコン

※図1

画面左上のアイコン

3.「設定」をタップします。

設定

4.キッズタイマーをONにします。

ONに設定

ON

キッズタイマー設定

5.「機器の詳細」画面を表示します。

「機器の詳細」画面は以下のどちらかの方法で表示します

ホーム画面でWi-Fiルーターまたは中継機をタップし、設定したい機器をタップします。

ホーム画面で「機器一覧を見る」をタップし、設定したい機器をタップします。

機器一覧を見る

6.「キッズタイマー」をタップします。

7.インターネットへの接続を制限する時間帯を選択します。

時間帯設定

8.「はい」をタップします。

はい

※複数の端末に対してスケジュールを設定する場合は、端末ごとに手順5~8を繰り返します。

9.「戻る」をタップして、ホーム画面に戻ります。

戻る

10.ホーム画面が表示されたら、「設定を適用する」をタップします。

設定を適用する

以上で設定は完了です。

1.Wi-Fiルーターの設定画面を表示します。

2.「詳細設定」のパネルをクリックします。

詳細設定

3.「セキュリティー」-「キッズタイマー」をクリックします。

4.「使用する」にチェックを入れ、スケジュール設定をクリックします。

使用する

5.キッズタイマーの対象にする端末を登録します。

Wi-Fiルーターに接続している端末を登録する場合は、「未設定端末」欄に表示されている端末をクリックします。
Wi-Fiルーターに接続していない端末を登録する場合は、「新しい機器を追加する」をクリックします。

6.端末名、タイマー設定、スケジュールなどを設定し、[設定]をクリックします。

スケジュール設定

端末名は半角英数字記号で64文字まで設定できます。

MACアドレス欄には、キッズタイマーの対象にする端末のMACアドレスを入力します。
手順3で「未設定端末」に表示されている端末を選択した場合は、その端末のMACアドレスが表示されます。

タイマー設定の仕様は以下の通りです。

項目 説明
制限しない 選択すると、スケジュールをすべてアクセス許可に設定します。
接続禁止 選択すると、スケジュールをすべてアクセス許可に設定します。
夜間禁止(23時~6時) 選択すると、スケジュールの0:00~6:00、23:00の欄をアクセス禁止、
他をアクセス許可に設定します。
手動設定 スケジュールを自由に設定したい場合に選択します。
<端末名>と同じ設定 選択すると、<端末名>に選んだ端末のスケジュールを反映します。

「<端末名>と同じ設定」に表示される端末名は、「手動設定」で設定した端末が対象です。

スケジュールは、マウスのクリック/ドラッグ操作やスマートフォンのタップ操作で設定できます。

以上で設定は完了です。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器