無線親機を再起動すると、IPv6サービスが利用できなくなります/無線親機の電源を入れ直した後、ひかりTVにつながらなくなりました(WSR-1166DHP)

公開日:

更新日:

ID: 15693

Q

詳細

無線親機の電源を切って再度入れた後や、再起動した後にIPv6サービス(※)が使用できなくなります。
設定画面を確認すると「フレッツIPv6サービス対応機能」にチェックは入っています。

ひかりTV、フレッツ情報サイト、フレッツ光プレミアム倶楽部など

対象機器

WSR-1166DHP(ファームウェアVer.1.06以下)

A

WSR-1166DHPのファームウェアがVer.1.06以下の場合、ファームウェア不具合のため、「フレッツIPv6サービス対応機能」を有効に設定していていも、 電源の入れ直しや再起動を行うと、同機能が動作しなくなります。

本不具合は、ファームウェアVer.1.07で修正されており、ファームウェアアップデートを行うことで解消されます。

お手数ですが、下記ダウンロードページより最新ファームウェアをダウンロードし、ファームウェアをアップデートしてください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。