PPPoE接続先経路の宛先アドレス欄で「/」(スラッシュ)が入力できない/IPアドレスで指定するとエラーになる(BHR-4GRV2)

公開日:

更新日:

ID: 15847

Q

BHR-4GRV2でフレッツサービス情報サイトの設定をする際、PPPoE接続先経路の設定で「/」(スラッシュ)が入力できない。「/」キーを押しても反応がない

PPPoE接続先経路の設定で、宛先アドレス欄にIPアドレスを入力して設定すると、「入力項目に間違いがあります。」と表示され、設定できない

A

BHR-4GRV2の不具合のため、現在PPPoEマルチセッション接続の設定ができません。

不具合が解消されるまで、フレッツ・サービス情報サイトへのPPPoEマルチセッション接続は、以下の手順で設定を行ってください。

手順1.BHR-4GRV2の準備をします

1.BHR-4GRV2の設定画面を表示します。

ブラウザーを起動し、アドレス欄にBHR-4GRV2のLAN側のIPアドレス(出荷時設定は「192.168.12.1」)を入力します。

LAN側IPアドレスが分からない場合は、アドレス欄に「buffalo.setup」と入力します。

2.ユーザー名に「admin」、パスワードにBHR-4GRV2に設定済みの管理者パスワード(出荷時設定の場合はpassword)を入力し、[ログイン]をクリックします。

3.設定画面トップが表示されたら、[詳細設定]を選択します。

4.[Internet]-[PPPoE]を開きます。

5.[PPPoE接続先リスト]の[接続先の編集]ボタンをクリックします。

6.画面下部の[PPPoE接続先リストの表示/操作] で、通常利用する接続先1つだけ残して、他の接続先は[削除]ボタンをクリックして削除します。

7.[編集を終了して前の画面へ戻る]をクリックします。

8.[セキュリティー]-[VPNパススルー]を選択します。

9.「PPPoEパススルー機能」の「使用する」にチェックを入れ、[設定]をクリックします。

手順2.パソコンでフレッツ網へ接続する設定を作成します

ここではWindows 8を例に説明します。
下記の操作は、Windows 8のデスクトップ画面で行います。

1.マウスを右上端に移動し、チャームを表示し、[設定]を選択します。

2.[コントロールパネル]を選択します。

3.[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。

表示方法が 「アイコン」の場合は、[ネットワークと共有センター]をクリックします。

4.[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。

5.[インターネットに接続します]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

6.[新しい接続をセットアップします]をクリックします。

7.[ブロードバンド(PPPoE)]をクリックします。

8.[ユーザー名]に「guest@flets」、[パスワード]に「guest」、[接続名]に任意の名前を入力し、[接続]をクリックします。

9.接続テストが自動で開始されます。

10.[インターネットへの接続を使用する準備ができました]と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

手順3.フレッツ・サービス情報サイトへ接続します

1.マウスを右上端に移動し、チャームを表示し、[設定]を選択します。

2.ネットワークのアイコンをクリックします。

3.手順2で作成した接続先を選択し、[接続]をクリックします。

4.ユーザー名「guest@flets」、パスワード「guest」を入力し、[OK]をクリックします。

以上でフレッツ・サービス情報サイトへの接続は完了です。
フレッツ・サービス情報サイトへの接続を終える場合は、同様の手順で[切断]をクリックしてください。

切断しない場合、通常のインターネット接続ができません。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。