無線LANアクセスポイントを設置し、ビル間の拠点間通信を行いたい(WAPM-APG300N、WAPM-AG300N)

公開日:

更新日:

ID: 16284

Q

2つのビルの間を無線で接続し、拠点間接続を行いたいです。無線LANアクセスポイントWAPM-APG300NまたはWAPM-AG300Nを2台使用して設置する手順を教えてください。

A

下記をご確認ください。

確認1. 屋外アンテナの選択

ビル間通信を行う場合、アクセスポイント(WAPM-APG300N・WAPM-AG300N)は屋内に設置し、 アクセスポイントにアンテナ取り付け、アンテナのみを屋外に設置し、WDS接続を行います。

下記ページを参考に、アクセスポイントに対応した屋外アンテナ・変換ケーブルを選択します。

確認2. IPアドレスの確認

WDS機能を利用するためには、通信を行うアクセスポイントとIPアドレスが重複しないようにする必要があります。
2拠点のネットワーク上、同一セグメントで、IPアドレス重複がないことを確認します。

確認3. 無線側MACアドレスの確認と事前共有鍵(PSK)の設定

WDS設定時に、接続する相手側の無線MACアドレスと事前共有鍵(PSK)の設定・確認が必要です。

無線側MACアドレス確認方法

アクセスポイント本体のセキュリティケースを外し、本体のラベル表記で確認

設定画面を開き、「機器診断」-「システム情報」の利用する無線(802.11a)または無線(802.11g)で確認

事前共有鍵(PSK)の設定方法

設定画面を開き、「無線設定」-「無線セキュリティー」-「無線の暗号化」-「TKIP/AES」の「WPA-PSK(事前共有キー)」で設定

確認4. 屋外アンテナの設置、アクセスポイントの設定

屋外アンテナの設置

専門業者またはバッファロー関連会社のサービス による設置をお勧めしています。
なお、設置方法については屋外用アンテナ添付の取扱説明書をご確認ください。

アクセスポイントの設定

アクセスポイントに添付されている設定事例集の「例15 リピーター機能で拠点間を無線接続したい」を参考に設定を行ってください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。