I70 「No Space to Save Logs」や I71 「Old Logs Removed」 が頻繁に発生し、システムの動作が不安定になったり、TeraStationの再起動に失敗します(TS5010、TS3010シリーズ)

公開日:

更新日:

ID: 16433

Q

詳細

I70「No Space to Save Logs」や I71「Old Logs Removed」が頻繁に発生し、 システムの動作が不安定になったり、TeraStationの再起動に失敗します(システムが起動しません)

対象商品

TS5010、TS3010シリーズ

TS51210RHは、TS5010シリーズです。

A

以下の条件にすべて該当する場合、再起動時やファームウェア更新時にシステムが起動しなくなる問題が発生する場合があります。

条件1

I70 または I71 が頻繁に発生している

条件2

ファームウェアVer.4.00にて使用している
※Ver.4.00未満からのバージョンアップを含む

問題が発生する可能性があることが確認されている使用環境例

a. 工場にて、監視カメラの静止画データをTeraStationに保存する
b. 店舗にて、ネットワークカメラ用のプログラムを使用し、TeraStation上に保存したデータを閲覧する

カメラ関連の用途に限らず、TeraStation内のデータに高頻度でアクセスするソフトウェア/システムを使用されている場合、 問題が発生する場合があります

TeraStationの再起動が失敗する事象が発生した場合はお客様による復旧はできないため、TS5010/3010特別修理申し込み窓口へ修理をご依頼ください。

この問題によるデータの消失はありません。

対策

あらかじめ以下の手順を行うことで、問題の発生を回避することができます。
必ず、ステップ1、2の両方を実施してください。


ステップ1:既に保存されているファイル操作ログを削除する

1. Web設定画面より、[管理]‐[ログ]をクリックします。


2. [ログ情報]ダイアログのファイル操作ログ: [削除]をクリックします。


3. [はい] をクリックします。

ファイル操作ログの保管が必要な場合、削除する前にコピーしてください。


以上でステップ1は完了です。

続けて、ステップ2も必ず実施してください。


ステップ2:今後ファイル操作ログの保存容量が少なくなるように設定する

1. Web設定画面より、[管理]‐[ログ]をクリックします。


2. [ログ情報]ダイアログの[編集]をクリックします。


3. [ファイル操作ログのアーカイブ規則:]を下記の設定に変更します。

管理単位

容量

ファイルサイズ

100 MB (当社推奨値)

世代管理数

13 (当社推奨値)


4. [OK]をクリックします。


以上で、ステップ2は完了です。

ステップ1を実施していない場合、必ず実施してください。


【補足】既に保存されているファイル操作ログの容量を確認する方法、保管のためにコピーする方法

1. Web設定画面より、[管理]‐[ログ]をクリックします。


2. [ログ情報]ダイアログの[編集]をクリックします。


3. [ログへのリンクを共有に作成する]を有効にします。


4. 3.で設定した共有フォルダーにアクセスし、file.log の容量を確認します。
ファイル操作ログの保管が必要な場合、削除する前にTeraStationからその他の機器にコピーします。


以上

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。