液晶ディスプレイに「Replication E26 ReplicateFailure」と表示されます / レプリケーション再同期の実施手順

公開日:

更新日:

ID: 2590

Q

液晶ディスプレイに「Replication E26 ReplicateFailure」または「I33 Replication Failure」と表示されます

液晶ディスプレイのない商品はNAS Navigator2や、商品の設定画面で確認します。

レプリケーション再同期の実施手順を教えてください

A

原因

レプリケーション機能による更新情報の転送に失敗しました。

対策

レプリケーションの再同期を行います。

TS51210RHは、TS5010シリーズです。

TS6000、TS5010、TS5000、TS5000N、TS3010、TS3000、TS3000Nシリーズ
TS-2RZシリーズ(ファームウェア Ver.2.00以降)

ファイル転送が失敗すると、液晶ディスプレイに「Replication I33 ReplicateFailure」または「I33 Replication Failure」と表示されます。
(フェイルオーバー構成中以外)

TS3010シリーズはNAS Navigator2や、商品の設定画面で確認します。

1.TeraStationの設定画面を表示します。

2.[バックアップ] を選択します。

3.[レプリケーション] の横にある歯車アイコン(※図1)または矢印アイコン(※図2)をクリックします。

※図1

※図2

4.[再同期する] をクリックします。

TS5000シリーズ ファームウェア Ver.2.43未満の場合
[完全再同期する] または [差分再同期する] をクリックします。

[完全再同期する] では、レプリケーション先のフォルダーにレプリケーション元のデータをすべて上書きコピーします。
[差分再同期する] では、レプリケーション先のフォルダーにレプリケーション元のデータを差分上書きコピーします。

TS-X、TS-Vシリーズ
TS-2RZシリーズ(ファームウェア Ver.1.40未満)

1.TeraStationの設定画面を表示します。

2.[システム] - [バックアップ] - [レプリケーション] - [再同期]をクリックします。

TS-Xシリーズ ファームウェア Ver.1.65以降の場合

再同期を行ってもエラーが発生するときは

レプリケーション元とレプリケーション先が通信できる状態か確認します。

TeraStationに負荷がかかっていないか確認します。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。