パソコン上のフォルダーと共有フォルダーを同期することはできますか

公開日:

更新日:

ID: 2600

Q

パソコン上のフォルダーと共有フォルダーを同期することはできますか

A

添付ソフトウェアNAS Navigator2の"フォルダー同期"機能を使用することで、
TeraStationの共有フォルダーとパソコンのローカルフォルダーを同期させ、
自動的にローカルフォルダーのファイルをTeraStationにアップロードすることができます。

以下、設定手順を説明します。

1.デスクトップの [BUFFALO NAS Navigator2] アイコンをダブルクリックします。
NAS Navigator2が起動します。

2.[フォルダー同期] をクリックします。

3.[フォルダー同期機能を使用する] にチェックをつけ、[追加] をクリックします。

4.[同期元] の右端にあるボタンをクリックします。

5.同期元にするパソコンのローカルドライブ内のフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

6.[同期先] の右端にあるボタンをクリックします。

7.同期先にするTeraStation内のフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

8.[OK] をクリックします。

9.[OK] をクリックします。

10.同期元や同期先のフォルダーにファイルが保存されている場合、以下の画面が表示されます。[はい]をクリックします。

11.表示された画面で、フォルダーの内容を同期元または同期先のどちらにあわせるかを選択します。

フォルダー連結と同じ設定をフォルダー同期に設定することはできません。

フォルダー同期を設定できる数は最大10個です。

1つの同期先フォルダーに複数同期元フォルダーを指定することはできません。

1つの同期元フォルダーに複数同期先フォルダーを指定することはできません。

フォルダー同期機能は、同期元フォルダーへのファイル・フォルダー作成、書き込みを監視し、同じ操作を同期先フォルダーに対して行います。
同期先フォルダー内のファイルを別途更新しても、同期元フォルダー内の同名ファイルを更新した時点で、同期先フォルダー内のファイルは同期元フォルダー内のファイルと同じ内容となります。
同期元でのファイル操作が同期先に反映されます。

同期先のフォルダー(TeraStation上の共有フォルダー)を複数のネットワークユーザーが読み書きする場合の排他処理はネットワーク上の共有フォルダーを読み書きする場合と同一となります。
同期先のフォルダーは他ユーザーには共有フォルダーとして動作します。

アクセス制限されたネットワークフォルダーの認証はユーザーの接続開始時またはシステム起動時にのみ行われます。
認証に失敗した場合は、次回ユーザーの接続時またはシステム起動時でないと再度ネットワーク接続認証は行われません。
エクスプローラーからのアクセスとは違いフォルダーにアクセスする時に認証が行われるわけではありません。

複数のユーザーが同一のネットワークフォルダーを同期先として設定していた場合はファイル名の重複などが発生する可能性があるため、動作を保証できません。

複数のネットワークユーザーが同一のネットワークフォルダーを同期先として設定していた場合、ファイル名の重複などが発生する可能性があるため、動作を保証できません。

同期先フォルダーは個別のユーザーしか書き込みアクセスできないような設定を行っておくことをおすすめします。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。