動作環境

Trend Micro USB Security™ 2.1(TMUSB 2.1)動作環境

対応OS

次のオペレーティングシステムのすべてのエディションに対応しています。

サポートOS

Windows 10 (Ver.1507/ Ver.1511/ Ver.1607/ Ver.1703/ Ver.1709/ Ver.1803/ Ver.1809/ Ver.1903/ Ver.1909/ Ver.2004/ Ver.20H2)

Windows Server 2019

Windows Server 2016

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012

2023年1月31日サポート終了OS

Windows 8.1

Windows 8

Windows 7 (SPなし/ SP1)

Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 (SP2)

サポート終了OS

Windows Vista (SP1/ SP2)

Windows XP (SP3)

Windows Server 2003 R2 (SP2)

64ビット版OSプラットフォーム上では32ビットモードで動作します。

トレンドマイクロでは、Microsoftがサポートしていないオペレーティングシステムのサポートは一切提供いたしません。

CPU

Windows 10の場合:1GHz以上

Windows 8/8.1の場合:1GHz (PAE/ NX/ SSE2 対応)

Windows 7の場合:1GHz以上

Windows Vistaの場合:800MHz以上 (1GHz以上を推奨)

Windows XPの場合:233MHz以上

Windows Server 2019の場合:1.4GHz以上

Windows Server 2016の場合:1.4GHz以上

Windows Server 2012の場合:1.4GHz以上

Windows Server 2008 (64ビット版)の場合:1.4GHz以上

Windows Server 2008 (32ビット版)の場合:1GHz以上

Windows Server 2003 (64ビット版)の場合:1.4GHz以上

Windows Server 2003 (32ビット版)の場合:550MHz以上

Intelハイパースレッディングテクノロジ、デュアルコアプロセッサなども含め、上記のものと同等のプロセッサを搭載したコンピュータもサポートしています。

メモリー

Windows 10 (64ビット版)の場合:2GB以上

Windows 10 (32ビット版)の場合:1GB以上

Windows 8/8.1 (64ビット版)の場合:2GB以上

Windows 8/8.1 (32ビット版)の場合:1GB以上

Windows 7 (64ビット版)の場合:2GB以上

Windows 7 (32ビット版)の場合:1GB以上

Windows Vistaの場合:512MB以上(1GB以上を推奨)

Windows XPの場合:256MB以上(512MB以上を推奨)

Windows Server 2019の場合:512MB以上

Windows Server 2016の場合:512MB以上

Windows Server 2012の場合:512MB以上

Windows Server 2008の場合:512MB以上

Windows Server 2003の場合:128MB以上(256MB以上を推奨)

ディスク空き容量

コンピュータ上のハードディスク:256MB(一時ファイル用)

USBメモリー: 256MB(パターンファイル用)

ウイルスパターンのファイルサイズは日々増加しているため、上記の容量でもウイルスパターンファイルのアップデートに十分でなくなる可能性があります。その場合は、十分な空き容量を確保した上でご利用ください。

その他の要件

モニター: 800x600(SVGA)以上、high color以上 (管理画面の表示用)

インターネット接続環境: ウイルスパターンファイルなどのダウンロード、ウイルス情報の入手、およびトレンドマイクロWebサイト上のページの参照を行うためにインターネット接続が必要です

Trend Micro USB Security™ 2.0(TMUSB 2.0)動作環境

対応OS

本バージョンは2021年12月にすべてのOSのサポートを終了しました。

次のオペレーティングシステムのすべてのエディションに対応しています。

サポート終了OS

Windows 8

Windows 7 (SPなし/ SP1)

Windows Server 2008 (SP2)

Windows Vista (SP2)

Windows XP (SP3)

Windows Server 2003 R2 (SP2)

Windows 8およびWindows Server 2012はTMUSBのbuild 1119以降で対応しております。

64ビット版OSプラットフォーム上では32ビットモードで動作します。

トレンドマイクロでは、記載があるものでもマイクロソフトがサポートを終了したOSについては、エンドユーザサポートを一切提供いたしません。

CPU

Windows 8 の場合:1GHz以上 (PAE/ NX/ SSE2 対応)

Windows 7 の場合:1GHz以上

Windows Vista の場合:800MHz以上 (1GHz以上を推奨)

Windows XP の場合:350MHz以上

Windows Server 2008 の場合:1.4GHz以上 または、1.3GHz(デュアルコア)以上

Windows Server 2003 の場合:133MHz以上

Intelハイパースレッディングテクノロジ、デュアルコアプロセッサなども含め、上記のものと同様のプロセッサを搭載したパソコンもサポートしています。

メモリー

Windows 8 (64ビット版)の場合:2GB以上

Windows 8 (32ビット版)の場合:1GB以上

Windows 7 (64ビット版)の場合:2GB以上

Windows 7 (32ビット版)の場合:1GB以上

Windows Vistaの場合:512MB以上

Windows XPの場合:256MB以上

Windows Server 2008の場合:512MB以上

Windows Server 2003の場合:128MB以上

ディスク空き容量

コンピュータ上のハードディスク:256MB(一時ファイル用)

USBメモリー: 256MB(パターンファイル用)

ウイルスパターンのファイルサイズは日々増加しているため、上記の容量でもウイルスパターンファイルのアップデートに十分でなくなる可能性があります。その場合は、十分な空き容量を確保した上でご利用ください。

その他の要件

モニター: 800x600(SVGA)以上、high color以上 (管理画面の表示用)

インターネット接続環境 (ウイルスパターンファイルアップデート用)

Trend Micro USB Security™ for Biz 1.3(TMUSB 1.3)動作環境

対応OS

本バージョンは2015年12月にすべてのOSのサポートを終了しました。

次のオペレーティングシステムのすべてのエディションに対応しています。

サポート終了OS

Windows 7

Windows Vista (SP1/ SP2)

Windows XP (SP3)

いずれのOSも日本語版のみサポート対象です。

記載のないOS(Windows Server 2003など)での動作はサポート対象外です。

64ビット版はWindows 7およびWindows Vistaのみサポート対象です。

CPU

Windows 7 の場合:1GHz以上

Windows Vista の場合:800MHz以上 (1GHz以上を推奨)

Windows XP の場合:350MHz以上

メモリー

Windows 7(32ビット版)の場合: 1GB以上

Windows 7(64ビット版)の場合: 2GB以上

Windows Vistaの場合: 512MB以上 (1GB以上を推奨)

Windows XPの場合: 256MB以上 (512MB以上を推奨)

ディスク空き容量

コンピューターのハードディスク: 128MB以上 (一時ファイルの保存用)

USBメモリー: 256MB以上 (ウイルスパターンファイルの保存用)

ウイルスパターンのファイルサイズは日々増加しておりますため、上記の容量でもウイルスパターンファイルのアップデートに十分でなくなる可能性があります。その場合は、十分な空き容量を確保した上でご利用ください。

その他の要件

モニター: 800x600(SVGA)以上、high color以上 (管理画面の表示用)

インターネット接続環境 (ウイルスパターンファイルアップデート用)

制限事項

Trend Micro USB Security™ for Biz 1.3の使用期限は、2015年12月末までとなります。

Trend Micro USB Security™ for Biz 1.3では、インターネット経由の検索エンジンアップデートに対応しておりません。検索エンジンのアッデートは、バッファローからファームウェアアップデートの形で提供されます。

バージョンによるおもな提供機能の違いについて

Trend Micro USB Security™ 2.1及び2.0とTrend Micro USB Security™ for Biz 1.3 で提供される主な機能の違いについては、下記の通りとなります。

Trend Micro USB Security™
2.1 / 2.0
Trend Micro USB Security™
for Biz 1.3
USBメモリーの保護機能
(リアルタイムスキャン)
※1
USBメモリーの初期検索
(イニシャルスキャン)
※1
USBメモリーの手動検索
(マニュアルスキャン)
※1
インターネット経由の
アップデート

※ウイルスパターンファイルとエンジン

※ウイルスパターンファイルのみ
ローカルアップデート機能
※スマートスキャン利用時には
本機能は使用できません
※2
マルチ言語対応
使用期限 Ver.2.1 : -
Ver.2.0 : 2021年12月末
2015年12月末

※1. サポートサービス有効期限が終了するとウイルス検索機能が起動せず、ウイルス検索の実行ができなくなるのでご注意ください。
※2. RUF3-HSTV, RUF3-HSLTV, HDS-PZNU3TV3は、バッファロー独自機能によりローカルアップデート可能です。

ローカルアップデートに対応しているトレンドマイクロ製品

ローカルアップデートは、以下の製品に対応しております。

Trend Micro ウイルスバスターコーポレートエディション Ver.11 / Ver.10.6

Trend Micro ウイルスバスタービジネスセキュリティ Ver.7.0 / Ver.9.0

従来型スキャン設定時のみ対応しております。

Trend Micro USB Securityのライセンス有効期間内である必要があります。

ご注意
システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量、USBメモリーの空き容量などは、OSのサポート終了、製品の改良などの利用により、予告なく変更される場合があります。
最新情報は、トレンドマイクロ社Webサイト をご確認ください。