「ネットワーク配線コストや機器のコストダウンを図りたい」 配線コストや機器コストを低減し、かつ高速のWi-Fiで解決

こんなお悩み、ありませんか?

サーバー等のリプレースに合わせて配線も見直したいが、無線で構成できるか?

無線のほうが配線コストが安く済むと思うが、やはり速度の安定性が気になる

有線だとPCなどの機器配置がフレキシブルに行えずに毎回調整するのが大変

バッファローのWi-Fi(無線LAN)導入で解決

配線コストや機器コストを低減できるWi-Fiを積極導入

バッファローの11ac Wi-Fi導入でコストダウンが可能

有線LANにせまる高速性能と安定通信を実現

PoE給電により設置の自由度が広がる

11ac Wi-Fi導入でコストダウンが可能

上図のネットワーク構成で、有線LANのみのネットワークとWi-Fiを導入したネットワークの導入費用を比較します。

有線LANのみで構成したネットワーク

単価 合計
レイヤー2インテリジェントGigaスイッチ
BS-GS2024 4台
¥34,800(税抜) ¥139,200(税抜)
¥139,200(税抜)

Wi-Fiを導入したネットワーク

単価 合計
レイヤー2インテリジェントGigaスイッチ
BS-GS2024 1台
¥34,800(税抜) ¥34,800(税抜)
11ac対応Wi-Fi アクセスポイント
WAPM-1266R 1台
¥39,800(税抜) ¥39,800(税抜)
¥74,600(税抜)

11ac高速Wi-Fiに替えれば64,600コストダウン。
さらにWi-Fiならレイアウト変更などの配線コストもほどんどかかりません。

工事費・ケーブル費・部材費(モール他)、雑費(運送費他)、外部接続用ルーターは除く。機器の価格は2018年7月24日現在の希望小売価格です。最新価格は、各製品ページをご確認下さい。

有線LANにせまる高速性能と安定通信を実現

本製品で採用している11acは、従来の11nに比べ約2.8倍の高速転送速度を実現。大容量データを短時間で転送でき、Wi-Fiを介したハイビジョン映像の再生もスムーズです 。従来規格11n/a/g/b搭載機器も接続できるので、お持ちの無線機器を買い替えることなく、手軽に快適なWi-Fi環境を整えられます。

2017/3 現在 当社調べ 11ac準拠版を採用したWi-Fi親機において

「11ac」とは、米国電気電子学会(IEEE)にて策定された高速化のための新技術です。2013年3月の電波法改正により、日本国内でも高速Wi-Fi規格「IEEE802.11ac」として使用できるようになりました。「帯域幅拡大」「変調信号の多値化」「MIMO方式の拡張」により、 従来規格の11nと比べ、約11.5倍(規格最大値)の高速化を実現。デジタル家電から防犯装置、自動車など、複数の機器同士を同時に、 スムーズに無線でつなぐことができます。

PoE給電により設置の自由度が広がる

電源をLANケーブルから供給可能にするPoEを搭載した無線アクセスポイントを使えば、対応した給電機器(PoEスイッチやPoEインジェクター)と接続することによって、LANケーブルを通しての給電が可能。
電源のある場所にとらわれない自由な設置が実現。電源を引き回すための工事も不要になり、設置費用も削減できます。

PoE対応スイッチを使う場合

既存スイッチを使う場合

この製品で解決しました

※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。