iPhoneをWi-Fiルーターに無線接続すると「安全性の低いセキュリティ」と表示されます(iOS 14)

公開日:

更新日:

ID: 124144517

Q

iPhone(iOS 14)をWi-Fiルーターに無線接続すると、「安全性の低いセキュリティ」と表示されます

安全性の低いセキュリティ(サンプル)
安全性の低いセキュリティ(サンプル2)

A

最新のiOSを搭載した端末からWi-Fiルーターに無線接続した際、設定されている認証方式や暗号方式の組み合わせによっては、iOS側が安全性が低いと判断する場合があります。表示される組み合わせについては下記表をご確認ください。

無線の認証 無線の暗号化 「安全性の低いセキュリティ」の表示
WEP64 表示される
WEP128 表示される
WPA-PSK TKIP 表示される
WPA-PSK
WPA Personal
AES 表示される
WPA/WPA2-mixed mode PSK
WPA/WPA2 Personal
TKIP/AES mixed mode 表示される(iOS 14以降)
WPA2-PSK
WPA2 Personal
AES 表示されない
WPA2/WPA3 Personal AES 表示されない
WPA3 Personal AES 表示されない

バッファロー製Wi-Fiルーターは、出荷時設定はWPA2 Personalですが、無線引っ越し機能やAOSS機能を利用するとWPA/WPA2 Personalに変更されます。以下の手順で、Wi-Fiルーターの設定と、iOS端末の無線設定を変更してください。


1. WPA3で接続できるか確認します。

接続するWi-FiルーターがWPA3に対応しているか確認します。WPA3に対応している機種は下記になります。(2020年10月現在)

WXR-5950AX12シリーズ

WXR-5700AX7Sシリーズ

WSR-5400AX6シリーズ

WSR-1800AX4シリーズ


以下の手順は、Wi-Fiルーターに有線接続しているパソコンから行ってください。
無線端末しかない場合は初期化および再設定が必要になります。 こちらの手順をご確認ください。

2. AOSS接続している場合は、AOSSを無効にして接続します。

1) パソコンからWi-Fiルーターの設定画面を表示します。 表示方法はこちら

2) [詳細設定]をクリックし、[無線設定]-[AOSS]を開き、「AOSS状態」の欄を確認します。

AOSS有効

AOSS有効の場合

AOSS無効

AOSS無効の場合

AOSS有効の場合は、AOSSを無効にしてから暗号化設定を行います。

3) 「無線設定」-「2.4GHz」または「5GHz」を開きます。
※接続している方の帯域を開きます

4) SSID1 のSSIDとWPA-PSK(事前共有キー)をメモします。

SSID・暗号化キー確認

5) [無線設定]-[AOSS]を開き、「AOSS有効」の右のボタンをクリックし、AOSSを無効化します。

AOSS無効

「AOSS状態」が「AOSS無効」になったことを確認します。

6) 「無線設定」-「2.4GHz」または「5GHz」を開きます。
※接続している方の帯域を開きます

7) 無線設定を下記のように変更します。

無線設定変更

SSID1 のSSIDとWPA-PSK(事前共有キー)を、4) でメモした設定値に変更

「無線の認証」を「WPA2 Personal」または「WPA2-PSK」に変更

「無線の暗号化」を「AES」に変更

画面右下の「設定」ボタンをクリックします。

8) iOS端末から、7)で設定したSSID・暗号化キーで接続します。
以上で設定完了です。iOS端末に「安全性の低いセキュリティ」が表示されないことを確認してください。

AOSSを無効にしたことで、中継機が切断された場合は、こちらをご確認ください


3.無線の暗号化設定を変更します。

1) Wi-Fiルーターの設定画面を表示します。 表示方法はこちら

2) 「詳細設定」をクリックし、「無線設定」-「2.4GHz」または「5GHz」を開きます。
※接続している方の帯域を開きます

3) 無線の認証と暗号化を変更します。

暗号化変更

「無線の認証」を「WPA2 Personal」または「WPA2-PSK」に変更

「無線の暗号化」を「AES」に変更

画面右下の「設定」ボタンをクリックします。
以上で設定完了です。iOS端末に「安全性の低いセキュリティ」が表示されないことを確認してください。


Wi-Fiルーターに有線接続できるパソコンがない場合

初期化および再設定を行います。
再設定の際、プロバイダーから送付された資料に記載されている接続先ユーザー名・パスワードが必要になります。
プロバイダーから送付された資料を手元に用意してから下記手順を行ってください。

1.Wi-Fiルーターを初期化します。 初期化手順はこちら

2.各端末から、AOSS/WPSボタンを使用しないで無線接続します。

必ず「パスワードを入力して接続する方法」で接続してください

AOSSを無効にしたら、中継機が切断された場合

Wi-Fiルーター(無線LAN親機)の暗号化設定の変更が完了し、Wi-Fiルーターに接続しているiOS端末で「安全性の低いセキュリティ」が表示されないことを確認した後、下記を行ってください。

1.中継機を初期化します。 初期化方法はこちら

2. AOSS/WPSボタンを使用しないで親機と無線接続します。
接続方法は中継機の取扱説明書をご確認ください。


このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器