OS標準のワイヤレスネットワーク接続を使用して無線接続する方法

公開日:

更新日:

ID: 12238

Q

詳細

Windows標準のワイヤレスネットワーク接続を使用して無線接続する方法

対象OS

Windows

A

1. Wi-FiルーターのSSID・暗号化キーを確認します

接続したいWi-FiルーターのSSID・暗号化キーを確認する必要があります。
下記手順で確認してください。

1. Wi-FiルーターのSSID・暗号化キーを確認し、メモします。

SSID BUFFALOで始まる14ケタの英数字・記号もしくは12ケタのMACアドレス
暗号化キー 13ケタの英数文字、端末上の[パスワード]欄に入力する値

802.11aと802.11gの両方に対応したWi-Fiルーターの場合、802.11a用と802.11g用の2つのSSIDが記載されています。

[PIN] に記載の文字列は暗号キー(パスワード)とは異なります。

暗号化キーは[l (エル)]、[o (オー)]、[q (キュー)]、[z (ゼット)]を除く アルファベット(a~k、m、n、p、r~y)と数字[0~9]を組み合わせた英数文字です。

SSID、暗号化キーの確認方法は下記をご参照ください。

Wi-Fiルーターにセットアップカードが添付されている場合

セットアップカードにもSSID・暗号化キーが記載されています。
セットアップカードの見方がわからない場合は、下記リンクをご確認ください。

Wi-FiルーターにSSIDと暗号化キーのラベルが「ある」場合

例1

WZR-1750DHP

商品底面に貼られたラベルに記載されています。

802.11a用と802.11g用のSSIDが記載されています。

例2

WHR-G301N

商品背面に貼られたラベルに記載されています。

例3

WXR-1900DHP

商品側面のカバー内のラベルに記載されています。

802.11a用と802.11g用のSSIDが記載されています。

例4

WHR-300HP2

商品底面に貼られたラベルに記載されています。

Wi-FiルーターにSSIDと暗号化キーのラベルが「ない」場合

(WHR-G、WHR-HP-G、WZR2-G300Nなど)

上記FAQの動画の後半、または「方法2」を確認し、SSIDと暗号化キー(端末上で[パスワード]欄に入力する値)をご確認ください。

このタイプの機種で既に他の端末とAOSSで接続済みの場合、暗号化キーが50桁以上になっている場合があります。

2. パソコンから接続します

接続手順はOSごとに異なります。

下記のタブより、手順を確認したいOSを選択してください。
選択すると、下に手順が表示されます。

Window 10 の場合

動画の操作方法

早送り →キー 再生速度 動画再生中にオンマウスで右下に表示される歯車アイコンで設定
巻戻し ←キー 一時停止 動画再生中に画面上でクリック
ジャンプ 1,2,3・・9 キー 再生 一時停止中に画面上でクリック

1. パソコン内蔵の無線機能を利用する場合は、無線機能が有効になっているか確認します。

2.Wi-Fi設定の画面を開く

1) タスクバーのアクションセンター(※図1)をクリックします。

※図1

2) ネットワークをクリックします。

3) [Wi-Fi](※図2)を右クリックして「設定を開く」をクリックします。

3.メモしておいたSSIDを選択し、[接続]を選択します。

自動的に接続するにチェックが入っていない場合は、チェックを付けてください。

4. メモしておいた暗号化キーを入力し、[次へ]をクリックします。

5. 設定が完了するとSSIDに「接続済み」と表示されます。

以上で設定は完了です。

ブラウザー(InternetExplorerやFireFoxなど)を起動し、インターネットに接続できるか確認します。

「Internet 回線判別中」または「認証が必要です」の画面が表示された場合

1.[Internet側の確認を行う]をクリックします。

2.ログイン画面が表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

※ 画像は一例です。

出荷時のユーザー名・パスワード
商品にセットアップカードが付属している場合
ユーザー名 admin
パスワード password、もしくはセットアップカードに記載されているパスワード
商品にセットアップカードが付属していない場合
ユーザー名 root
パスワード (空白)

設定画面にログインするためのユーザー名・パスワードは、無線接続するためのSSID・パスワード(暗号化キー・セキュリティ-キー)とは異なります。

パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力してください。

「他のユーザーがログイン中です」と表示された場合は、Wi-Fiルーターの再起動が必要です。
Wi-Fiルーターの電源を一旦切り、再度入れなおした後、2分ほど待ってから再度ブラウザーを起動してください。

「v6プラスへの接続を検出しました(※1)」という画面が表示されたときは、[進む]をクリックし、手順4へ進んでください。

※1. v6プラス対象商品のみ

3.プロバイダーの資料にしたがって各項目を入力し、[進む]をクリックします。

入力画面例1

※ 画像はフレッツ回線の例

入力画面例2

※ 画像はフレッツ回線の例

プロバイダー情報の設定

接続先ユーザー名

接続先パスワード

プロバイダー別の各項目の名称、入力例は下記FAQをご確認ください。

画像はフレッツ回線の例です。フレッツ回線以外の場合は、「フレッツ以外の場合」または「こちら」をクリックしてください。

eo光をご利用で、認証IDに「@HF1G」「@HFA」「@MF1」 など@以降が記載されている場合は、「こちら」をクリックせずこの画面で入力してください。

eo光で認証IDに@以降がない場合や、その他の電力系光通信(ビビック、コミュファ、メガエッグ、ピカラなど)の場合は、「こちら」をクリックしてから接続ユーザー名・パスワードを入力してください。

DNS(ネーム)サーバーアドレスは、プロバイダーの資料・ハガキに記載がない場合、入力は不要です。

上記以外の設定はフレッツ回線で該当するサービスをお使いの場合のみ設定してください。

4. インターネットへの接続確認画面が表示されます。

接続確認は時間がかかることがあります。画面が完全に切り替わるまでしばらくお待ちください。

5.「接続成功です!」という画面が表示されたら、Webブラウザーを終了します。

接続できない場合は

モデム(※1)の電源を一定時間切ります。
使用するモデムによっては、電源を一定時間切らなくてはならない場合があります。
モデムや終端装置とWi-Fiルーターの電源を切って、30分以上経ってから再度電源を入れ、設定をお試しください。

接続ユーザー名、パスワードの再確認
接続ユーザー名・パスワードを入力した場合、正しく入力しているか確認します。
また、お引越しやプラン変更などで意図せずインターネット接続用のユーザー名、パスワードが変更になっている場合があります。念のためご契約のプロバイダーへ、現在お持ちのユーザー名・パスワードに誤りがないかを確認します。

Wi-Fiルーターを一旦初期化し、再設定を行います。

※1.

プロバイダーから借りている機器(ONU、光回線終端装置など)

再設定手順については、商品添付の取扱説明書を参照するか、FAQの手順を確認してください。

表示されたページの検索窓に、ご利用の商品名・型番を入力して検索してください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器