中継機能の設定方法(WSR-5400AX6S/WSR-5400AX6B/WSR-5400AX6)

公開日:

更新日:

ID: 124145624

Q

チャットで質問する

詳細

中継機能の設定方法

対象商品

WSR-5400AX6S

WSR-5400AX6B

WSR-5400AX6

A

ご利用になる設定方法をクリックしてください。

自動(AOSS/WPS)で設定する

親機:当社

親機:他社

関連動画

1. 現在お使いのWi-Fiルーター(以下、親機)に、お使いの機器(パソコンや携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。

2. 中継機として利用するWi-Fiルーター(以下、中継機)のAUTO/MANUAL スイッチを 「MANUAL」(下)、モードスイッチを「WB」(一番下)にして、電源を入れます。

約1分後、前面ランプが以下の状態になっていることを確認します。

ランプが上図の状態でない場合は、底面のRESETボタンをPOWERランプが緑色に点滅するまで(約3秒間)押して初期化します。

ファームウェアのバージョンが古いと、ランプの状態が異なる場合があります。最新のファームウェアに更新してください。

3. 中継機のAOSSボタンを、WIRELESSランプが2回ずつ緑色に点滅するまで(約1秒間)押し続けます。

2回ずつ点滅したら、ボタンから手を離します。

4. 親機のAOSS/WPSボタンを押して、AOSS/WPS接続を開始します。

ボタンを押す間隔は、お使いの親機によって異なります。
当社製Wi-Fiルーターの場合は、AOSS/WPSボタンをWIRELESSランプが2回ずつ点滅するまで押し続けてください。

※ 画像は一例です

5. 約2分後、中継機のWIRELESSランプが緑色に点灯していることを確認します。

中継機のWIRELESSランプが橙色に点滅している場合、2分程度待ってからもう一度ランプの状態を確認してください。
その後もWIRELESSランプの点滅が続いている場合は、手順3~4をもう一度行ってください。

6. お使いのパソコンや携帯端末を中継機に近づけ、インターネットに接続できることを確認してください。

中継機は、親機と同じSSID、暗号化キーに設定されます。 中継機に接続できないときは、パソコンや携帯端末の無線機能をオフ → オンしてください。

※ 画像は一例です

以上


手動で設定する

1. 現在お使いのWi-Fiルーター(以下、親機)に、お使いの機器(パソコンや携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。

2. 中継機として利用するWi-Fiルーター(以下、中継機)のAUTO/MANUALスイッチを 「MANUAL」に、モードスイッチを「WB」にして、電源を入れます。

約1分後、前面ランプが以下の状態になっていることを確認します。

※ 画像は一例です

ランプが上図の状態でない場合は、本体のRESETボタンをPOWERランプが緑色に点滅するまで(約3秒間)押して初期化します。

ファームウェアのバージョンが古いと、ランプの状態が異なる場合があります。最新のファームウェアに更新してください。

3. 設定用パソコンのIPアドレスを192.168.11.xxx(例:192.168.11.135)に固定します。

手順3と手順4の順番は逆でも構いません。

4. 中継機と設定用パソコンをLANケーブルで接続します。

5. 中継機の設定画面を表示します。

6. セットアップカードに記載されているユーザー名とパスワードを入力して、[ログイン]をクリックします。

パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力してください。

7. 「詳細設定」-「無線設定」-「EasyMesh/中継機能(WB)」をクリックします。

8. 「手動接続をする」をクリックします。

9. 接続先を選択し、[選択]をクリックします。

10. 接続先のWi-Fiルーターの暗号化キーを入力し、[決定]をクリックします。

無線の認証

 WPA2 Personal

無線の暗号化

 AES

事前共有キー

暗号化キー、パスワード、KEYと呼ばれるものです。親機のシールに記載されている場合が多いです。

11. 中継機のWIRELESSランプが緑色に点灯していることを確認します。

ランプが点滅している場合は、手順3から一度行ってください。

接続に失敗する場合は次のことをご確認ください。

親機にMACアドレス制限の設定がされている場合、一度無効にしてください。

もし親機がANY拒否(ステルス機能)が有効の場合は5GHzの 無線チャンネルはW52の範囲に設定してください。

暗号の種類、キーに間違いがないかご確認ください。

以上

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器