ブリッジ設定にする必要はありますか/どのような場合にルーター機能を停止させますか

公開日:

更新日:

ID: 15517

Q

詳細

ブリッジ設定(ブリッジモード/APモード)にする必要はありますか

どのような場合に、ルーター機能を停止させますか

A

Wi-Fiルーターの上位に設置されている機器(CTU/ONU/モデムなど)にルーター機能が搭載されている場合、親機(Wi-Fiルーター)のルーター機能はOFFにする(ブリッジ設定にする)必要があります。

ルーター機能をONで使用するケース

ルーター機能をOFFで使用するケース

親機のルータースイッチをAUTOにしている場合、上位機器のルーター機能有無を判別し、自動で親機のルーター機能のON/OFFが切り替わります。
そのため、通常はルータースイッチをAUTOにして使用します。

しかし、AUTOにしても正常に判別できず、インターネット接続設定ができない場合は 親機のルーター機能を手動でOFFにし、使用します。
親機のルーター機能をOFFにする(ブリッジに設定する)方法は、下記をご確認ください。

参考

プロバイダーから提供された機器にルーター機能があるかどうか確認する方法

プロバイダーから提供された機器にルーター機能があるか、またそのルーター機能が有効になっているか不明な場合は下記を参考に確認してください。

1.プロバイダーから提供された機器にPPPランプがあるか、また点灯しているかどうかで確認する。

「PPPランプがある」=「ルーター機能が搭載されている」、「PPPランプが点灯している」=「ルーター機能が有効になっている」と考えられます。
PPPランプがあっても、消灯している場合はルーター機能が無効になっている可能性があります。
(全ての機種で当てはまるとは限りません。確実に確認する場合は3で行ってください)

PPPランプが点灯している場合は、親機のルーター機能はOFFにしてご利用ください。

2.プロバイダーから提供された機器とパソコンを直接接続して(親機なし)、IPアドレスを確認する。

パソコンのIPアドレスが「192.168.xxx.xxx」である場合、プロバイダーから提供された機器にはルーター機能が搭載され、有効になっています。
親機のルーター機能はOFFにしてご利用ください。

なお、IPアドレスの確認方法は下記をご確認ください。

3.インターネット回線業者に確認する。

ご契約のインターネット回線業者に、設置されている機器にルーター機能があるか、また有効になっているかお問い合わせください。
ルーター機能が有効な場合、親機のルーター機能はOFFにしてご利用ください。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。