Wi-Fi中継機を2台使って、通信距離をさらに延ばす(WEX-733DHP、WEX-733DHPS)

公開日:

更新日:

ID: 15805

Q

詳細

Wi-Fi中継機(同商品)を2台使って、通信距離をさらに延ばす

対象商品

WEX-733DHP

WEX-733DHPS

A

Wi-Fiルーターとお使いの機器(パソコン・スマホ等)の間にすでにW-Fi中継機をお使いの場合、もう1台同商品を配置すると、通信距離をさらに延ばすことができます。
以下に、Wi-Fi中継機(同商品)を2台使って通信する設定方法を説明します。

構成例

この設定を行うと、Wi-Fi中継機は1台目も2台目もWi-Fiルーターとまったく同じSSIDとそのセキュリティー設定を引き継ぎます。

設定後正常に利用できている状態で、Wi-Fiルーターや中継機の電源入れ直し・再起動によってインターネット接続ができなくなった場合は以下のFAQをご確認ください。

1.1台目の中継機を接続します

設置済みのWi-Fiルーターに、1台目の中継機を接続します。

2.2台目の中継機を接続します

1台目の中継機に、2台目の中継機を接続します。

以下よりご利用の商品を選んで手順を確認してください。

2. 2台目の中継機のWPSボタンを、WPSランプが2回周期で緑色に点滅するまで(約2秒間)押し続けます。

2回周期で点滅したら、ボタンから手を放します。

3. 1台目の中継機のWPSボタンを、WPSランプが2回周期で緑色に点滅するまで(約2秒間)押し続けます。

2回周期で点滅したら、ボタンから手を放します。

4. 商品同士の接続設定が完了するまで、約2分待ちます。

この間に中継機は自動的に再起動しますので、手を触れずにそのままお待ちください。

5. 約2分後、1台目と2台目のWPSランプが点灯していることを確認してください。

WPSランプが速く点滅している場合は、中継機同士を近づけた後、手順2からやり直してください。

WPSランプは5分間点灯した後、自動的に消灯します。

6. いったん2台目の電源をオフにし、設置したい場所に設置してもう一度電源をオンにします。

7. 約1分後、2台目の親機接続ランプが点灯または点滅していることを確認し、1台目の子機接続ランプが点灯していることを確認します。

以上で中継機同士の接続は完了です。

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器