無線LAN内蔵パソコンでAOSS接続できません/無線LAN内蔵パソコンで接続できません

公開日:

更新日:

ID: 8345

Q

無線LAN内蔵パソコンでAOSS接続できません/無線LAN内蔵パソコンで接続できません

A

主に以下8つの原因と対策が考えられます。


原因1

パソコンの内蔵無線LAN機能が無効になっています

対策1

パソコンのスイッチやキーを操作し、パソコンの内蔵無線LAN機能を有効にしてください。


原因2

セキュリティーソフトが影響しています

対策2

セキュリティーソフトを一時的に停止してから、AOSS接続してください。
AOSS接続が成功したらセキュリティーソフトを有効にしてください。


原因3

無線電波が届いていません

対策3

パソコンと無線LAN親機の距離が離れていたり、間に壁などの遮蔽物があるときは、パソコンと親機を近づけてから、AOSS接続を行ってください。
AOSS接続が成功したら、パソコンと親機の距離を電波が届く範囲まで離してかまいません。


原因4

他の無線接続ツールと競合しています

対策4

Windows パソコンに標準で搭載されているワイヤレスネットワーク接続以外に無線接続ツールがインストールされている場合、クライアントマネージャV/3などのバッファロー製無線接続ツールと競合します。
クライアントマネージャV/3を削除し、Windows標準のワイヤレスネットワーク接続か、無線接続ツールを使用します。

クライアントマネージャVの削除方法(Windows10Windows 8.1/8Windows 7Windows Vista)

無線接続ツールの使用方法はパソコンメーカーにご確認ください。


原因5

ネットワークブリッジが作成されています(Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPの場合)

対策5

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP内に[ネットワークブリッジ]があると、接続できない場合があります。
下記手順を参考に、"ネットワーク接続"画面内の[ネットワークブリッジ]を削除してください。

ネットワークブリッジの削除方法はこちら


原因6

他のネットワークアダプターが干渉しています

対策6

ネットワークアダプタが複数有効になっていると、正常に動作しない場合があります。
ご使用以外のネットワークアダプターを無効にしてください。


原因7

近隣の無線電波と干渉しています

対策7

周辺の無線と使用している周波数帯が近い、または同じである場合、電波が干渉します。
無線チャンネルを変更することにより、使用する周波数帯が変わるため、干渉が減少し無線通信が安定します。


原因8

内蔵無線LANのドライバーが古い可能性があります

対策8

パソコン内蔵の無線LANドライバーを更新します。更新方法はパソコンメーカーにご確認ください。

上記のほか、親機・パソコンの電源の入れ直しで改善する場合があります。
一旦電源を切り、親機、パソコンの順で電源を入れてください。


このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器

メルコ ID を登録

商品をお持ちのお客様は、ユーザー登録をすることで、
重要なお知らせや最新情報をお届けするほか、より簡単に各種サービスをご利用いただけます。