ヘッドセット利用時の注意

とても便利なヘッドセット。それを正しく、更に便利に使うためにヘッドセットを利用する際の注意についてご紹介いたします。

自動車・自転車などの運転中の注意

運転中の通話は十分注意する

ヘッドセットを使えば両手でハンドル操作が可能になりますが、会話に夢中になって注意力が散漫に…。
なんてことがないよう、運転中の通話は事故などに十分に注意して行いましょう。
また、緊急性が無い場合は路肩に駐車するなどして、極力停車後に通話するようにしましょう。

周りの音が聞こえるタイプのヘッドセットを選ぶ

運転中は目や手でのハンドル操作の他に、耳からの周囲の音というのも非常に重要になります。
特に最近では電気自動車など走行音が静かな車両も増えてきているため、使用するヘッドセットは方耳タイプやインナーイヤー型など、完全に耳を塞がないタイプを選ぶことをおすすめいたします。

ヘッドセット利用の可否は各自治体によって異なります

道路交通法の改訂により、条例で運転中の通話や画面の注視などが禁止されましたが、ヘッドセット経由でのハンズフリー通話であれば処罰の対象外だと言われています。
しかし、一部の自治体では通話だけでなく、音楽も含め外の音が聞こえにくくすること、すなわちイヤホン・ヘッドフォン自体の使用を禁止している場合もあります。
利用の可否がわからない場合は、事前に利用する各都道府県や各自治体への確認を行うようにしましょう。

歩行・ジョギングなど移動・運動中の注意

周りの音が聞こえるタイプのヘッドセットを選ぶ

運転中以外にも歩行中、ジョギング中であっても周囲の音というのは非常に重要になります。
両耳タイプを利用する場合でも、インナーイヤー型などを選ぶことをおすすめいたします。

大きすぎる音量に注意しましょう

いくら周囲の音が入るタイプのイヤフォン・ヘッドフォンを選んでも、音楽の音量が大きすぎて聞こえなければ意味がありません。
また、通話・音楽ともに大きすぎる音量は音漏れにより周囲の人への迷惑にもなりかねませんし、耳への影響もよくないと言われています。適度な音量を心がけて利用しましょう。

パソコンでの注意

周囲の環境を確認してから利用しましょう

パソコンでオンラインゲーム中のボイスチャットは、つい夢中になりすぎて周りの状況に気付かないこともしばしば。
例えば、ゲームのログイン情報の入力画面を他の誰かに見られたりなどセキュリティ的にも危険ですし、時には周りの人に気付かずプライベートな会話を盗み聞きされちゃうことも…。
重要な情報を入力する場合などは特に気を付け、周囲を確認しながらゲームを楽しみましょう。

長時間の利用は避けましょう

ゲームやビデオチャットなどで長時間ヘッドセットを利用し続けることは、耳への負担となります。
適度に休憩を取りながら利用しましょう。