ヘッドセット選び方ガイド

ヘッドセットと一言にいっても、形状から機能までさまざま。用途によっても選び方が変わってきます。
選び方ガイドでは、あなたにピッタリなヘッドセットを選ぶコツをご紹介いたします。

1.接続方法を選ぶ

有線

ケーブルが付いたタイプのヘッドセットです。

ポイント

充電がいらない

障害物の影響を受けにくい

挿してすぐ使える

USB

主な接続機器

パソコン

ゲーム機器

ステレオミニプラグ

主な接続機器

パソコン

ゲーム機器

長時間利用するなど充電が心配な場合や、固定の場所で使用するなら有線がおすすめ!

無線

ケーブルがないワイヤレスタイプのヘッドセットです。

ポイント

ケーブルがからまったり、邪魔したりしない

規定の距離・環境なら本体から離れても通話可能

Bluetooth®(ブルートゥース)

主な接続機器

スマートフォンやタブレット端末、ノートPC、ゲーム機など

運動中や移動中など、ケーブルがわずらわしい場面では 無線 がおすすめ!

無線には赤外線接続ものもありますが、最近はBluetooth®接続が一般的です。

2.イヤホン・ヘッドフォンのタイプ・形状を選ぶ

両耳タイプと片耳タイプ

両耳タイプ
両方の耳に接続するタイプ。両耳でしっかりと聞くことができるため、音に集中したい時などに最適です。

片耳タイプ
片方の耳のみに接続するタイプ。反対側の耳からは周囲の音も聞くことができるため、運転中などに最適です。

用途に合わせたさまざまな形状

音がしっかり聞きたい!
ヘッドバンドタイプ

いわゆる”ヘッドフォン”で連想される、頭から被るタイプ。耳全体を覆うので、音をしっかり聞くことが可能です。

長時間通話したい!
イヤフックタイプ

耳にイヤフックを引っかけて使用するタイプ。軽量のものが多く、耳への負担も少ないです。

髪型を崩したくない!
ネックバンドタイプ

首に引っかけて使用するタイプ。頭から被る必要がないので、髪型が崩れる心配もありません。

外出先でも使いたい!
イヤホンタイプ

耳穴に挿しこんで使用するタイプ。軽量でコンパクトなため、持ち運び用にピッタリ。

イヤホンの形状にも種類があります!

カナル型
耳栓型で密閉式なので、音漏れや騒音などの影響を受けにくいです。

インナーイヤー型
耳の穴に引かっけて使用する半密閉式なので、耳への圧迫感や違和感を感じにくいです。

3.機能で選ぶ

雨の日も安心!
防水タイプ

防水タイプなら、雨の日の外出も心配いりません!
なんと汚れたら水洗いだってできちゃうんです。

ワンタッチで通話開始!
コントローラー付きタイプ

着信応答や通話終了、音楽や動画の再生などを、リモコン感覚で操作することが可能です。

雑音の中でもはっきり
ノイズキャンセリング

周囲からの雑音を軽減し、自分の声をクリアに伝えることができるから、Skypeなどのボイスチャットに最適です。

余計なノイズをカットする双方向ノイズリダクション搭載ヘッドセットや、カナル型インナーイヤホンなどを利用すれば、新幹線車内などの雑音の中でも相手の声をはっきりと聞きとることができます。

また、コントローラー付きのヘッドセットならスマートフォン本体をカバンやポケットから出すことなく、着信したときの通話操作や、音楽を聴いている時はプレイヤー操作をすることも可能です。

電車をはじめとする公共の場での通話はマナーを守りましょう。

ヘッドセットまめ知識

F1でもヘッドセットが大活躍!

激しいエンジン音や振動を感じるF1をはじめとするモータースポーツ、自動車レースのドライバーも実はヘルメットの中にヘッドセットをしているということをご存知でしたか?
ヘッドセットを利用して、ピットウォールのエンジニアと作戦や状況などの会話をしているのです。

4.更にこだわる

ヘッドセットにかかわる用語をご紹介いたします。これを知ればあなたもヘッドセットマスターになれるかも!?

双指向性 マイク性能の一つ。
正面と背面の2方向からの音を拾うように設計されており、通話やインタビュー向いています。
無指向性 マイク性能の一つ。
360度あらゆる方向からの音を拾うように設計されており、川のせせらぎなど環境音を拾う時に向いています。
ステレオ ステレオフォニックの略語で、左右2つのスピーカーで音声を再生する方式のことをステレオと呼びます。
一般的なビデオチャットであれば、ステレオで十分楽しめます。
サラウンド ステレオよりも多くのチャンネルから音声を再生する方法のことをサラウンドと呼びます。
DVDやBlu-Ray等の映画ソフトやゲームソフトは対応していることが多く。より躍動感のある音声を演出可能です。
ドライバーユニット ヘッドセットの音を鳴らす機構のことをドライバーユニットと呼びます。
マグネット、ダイアフラム、ボイスコイルなどが含まれる部分なのですが、この口径が大きくなることで音質が向上します。
再生周波数帯域 再生できる周波数の低音~高音を表しています。仕様で20Hz~20KHzと掲載されているものは、20Hz~20000Hzのこと。
一般的に人間が聴こえる領域はこの20Hz~20000Hzまでと言われています。
インピーダンス 音の信号に対する抵抗値のことをインピーダンスと呼びます。
数値が大きいほどノイズは減るが音量が小さくなりがちで、小さいほど音量が大きくなりやすいがノイズの増えがちという特徴があります。
音圧感度 マイクの性能を表す数値のこと。
「96±2dB」などと表記され、数値が大きいほど感度が高いという意味です。