快適なテレワーク環境を実現する周辺機器

オフィスとは勝手が異なるテレワーク

働き方改革をきっかけに認知度が高まり、今や世の中に定着しつつあるテレワーク(リモートワーク)。通勤時間や時間外労働の短縮、ワーク・ライフ・バランスの向上など従業員側のニーズに合致し、企業側にとっても育児・介護等を理由とした従業員の離職の回避、遠隔地に拠点を置く優秀な人材の確保などにつながります。雇用者と被雇用者の双方にとってメリットが多く、すでにお勤め先で導入、実践されている人も増えているのではないでしょうか。

一方で、自宅のネット環境が整備されていないことから業務効率が下がってしまったり、コミュニケーションが取りづらく相手に意図がうまく伝わらなかったり、まだまだ課題も少なくありません。

社内でサクサクと進められていた業務が、社外の環境では今ひとつはかどらない…実際にテレワークをはじめてみると、不便やストレスを感じている人も少なくないはずです。例えば、こんなことを聞いたり、感じたり、経験したりしたことはありませんか?

「自宅のWi-Fiが遅い」
「音声会議やビデオ会議の声が聞き取りづらい」
「テレワーク用のノートPCは、
 オフィスのパソコンより作業スペースが狭い」

また、システム管理者の方は社員からこんなことを聞いたり、感じたことはありませんか?
「社外からアクセスできない社内のファイルサーバーがある」
「システム管理部門の社員は出社しないと仕事ができない」
そんなお悩みを解決する方法をご紹介していきます。

テレワークに必要な家庭用機器

サクサクつながる通信環境を整備

ご自宅で快適なテレワークを行うためには、まずは通信環境を整えることが先決です。特に、理想的なWi-Fi環境を手に入れられるために、Wi-Fiルーターのアップグレードは不可欠。最新規格Wi-Fi 6により高速化を実現した「Wi-Fi 6対応ルーター」や、親機と中継機が互いに通信し合うことで網目状に広範囲なネットワークを構築できる「メッシュネットワーク対応Wi-Fiルーター」は、「Wi-Fiがよく途切れる」、「リビング以外の部屋に電波が届かない」といったよくあるお悩みを解決してくれるマストアイテムです。

 「今のWi-Fiエリアをもっと広げたい」という方には、Wi-Fi中継機がおすすめ。Wi-Fiルーターから離れた場所や個室にも電波を届けるだけでなく、複数のモバイル端末と同時につないだ場合でも高速の通信速度をキープします。そのほか、「ネット回線は引いているけど、Wi-Fi環境がない」、「ノートパソコンにLANポートがない」といった問題を解消するLANアダプターも、作業空間の快適性を高めてくれるグッズの一つです。環境にあったネットワーク機器をそろえて、ノンストレスな通信環境を整えてみてはいかがですか?

ビデオ会議のよくある問題を解決

「相手の表情を見て話をしたい」
Webカメラは、オンライン上での打ち合わせや会議に欠かせないアイテム。マイク内蔵タイプなら別途マイクを買い足す必要はなく、お手持ちのパソコンのUSBポートに接続するだけですぐビデオ会議に参加できます。「家族に会議内容を聞かれたくない」といった方には、ヘッドセットも備えておきたいグッズの一つ。これらのアイテムを準備しておけば、テレワーク中の打ち合わせや会議に悩む心配はいりません。

パソコン周辺機器を取り入れて作業効率アップ

快適なテレワークを実現するアイテムは、Wi-FiルーターやWebカメラだけではありません。「自宅にデスクトップ型のパソコンはないけれど、オフィスさながらの作業環境で仕事がしたい」、「もっと手軽に作業効率を上げたい」という方には、キーボードやテンキーボード、マウスなどがおすすめ。比較的取り入れやすい便利グッズを加えるだけで、意外とすんなり問題が解決し、仕事がはかどるかもしれません。複数のUSB対応機器を接続できるUSBハブ、ディスプレイや有線LAN、充電器などに接続できるドッキングステーションは、一度に複数の役割を果たせる優れモノ。パソコンにたくさんの周辺機器をつなぐことができ、テレワークの作業効率をより一層高めてくれます。

オフィスのテレワーク対応に必要な機器

オフィスの会議スペースをビデオ会議対応に

大人数の打ち合わせや会議、プレゼンテーションなどをリモートで実施する機会も増えてきていますよね?そうした場面で大いに役立つのが、広角タイプのWebカメラです。大人数の会議で使用するホワイトボードやプロジェクター、サイズの大きいサンプルやイメージなども見切れることなく撮影可能。マイク内蔵タイプなら別途マイクを用意する必要もありません。また、PCスピーカーは「パソコン内蔵のスピーカーだと会議の内容が聞き取りづらい」という問題を解消してくれるアイテム。ノートPC内蔵のスピーカーでは音がこもりがちな低音域もしっかりと再生でき、相手の声がよりクリアに聞き取れます。

社内のファイルサーバーをテレワーク対応に

「自宅や外出先から社内のファイルサーバーが使えない」、「セキュリティーの問題で出社しないと仕事ができない」といった社員のお悩みを耳にしたことはありませんか?VPNルーターを導入することで、端末から拠点への通信を暗号化や認証により、盗聴や通信の改ざんから保護できるため、インターネット回線を専用線のように利用できます。自宅や社外からセキュアに社内ネットワークへ接続でき、場所を選ばずどこでも仕事が可能。社内でしかアクセスできないファイルサーバーのデータにも社外から安全にアクセスできるようになります。また、本社と支社、店舗など物理的に離れた拠点間も、インターネット回線を通じてセキュアに接続可能に。ネットワークの見直しやテレワークの本格導入を検討されている法人ユーザー様に最適な方法です。

テレワーク対応に最適なVPNルーター

構成イメージ

自宅からオフィスのネットワークにVPN接続。会社のメールや共有ファイルへ自宅から安全に接続することができます。

リモート管理で機器管理等の負担を軽減

「キキNavi」とは、インターネットを経由して遠隔地に設置した機器と管理者をつなぐバッファローのリモート管理サービスです。「キキNavi」をご利用いただくことで、遠隔地からの機器の稼慟状況監視や、メンテナンス用の簡易操作が可能となります。今まで現地でしかできなかった作業をリモートで実施することで、機器菅理者の負担を大幅に軽減し、機器管理者のテレワークでの業務効率を高めることができます。

さらに、バッファローが保守管理会社(販売店)様および法人ユーザー様向けに提供する商品管理支援サービス「法人ポータル」と「キキNavi」を連携することで、キキNaviで管理している機器の状態を会社毎にまとめて一覧表示できます。「法人ポータル」で機器の状態を会社毎に一括で把握し、機器毎の詳細情報を「キキNavi」で確認することで、機器管理者の手間を省くと同時に、テレワークの効率を高められるリモート管理サーピスです。

システム管理者のテレワークを支援するサービス

管理者とオフィスのネットワーク機器・NASをつなぐリモート管理サービス「キキNavi」

「キキNavi」のリモート管理に対応する法人向けネットワーク商品

「キキNavi」と連携可能な商品管理支援サービス「法人ポータル」