TeraStation リモート管理サービス「キキNavi」

自社のTeraStationを管理するキキNaviの「法人ユーザー様(情報システム部門)」向けの利用申請を開始しました。(2019年7月31日)

キキNaviとは

リモート管理サービスでTeraStationの保守・管理の手間を削減。

キキNaviとは、インターネットを経由して遠隔地に設置したTeraStationとNAS管理者をつなぐ、バッファローのリモート管理サービスです。
キキNaviをご利用いただくことで、遠隔地からのNASの監視、メンテナンス用の簡易操作が可能となり、NAS管理者の負担を大きく軽減します。

○TeraStationをお使いのお客様であれば、無料でご利用いただけます。

○HTTPS通信ができる環境であれば、特殊なネットワーク設定は不要です。

○HTTPSにより暗号化された通信を使用しているので、セキュリティーも安心です。

○キキNaviが送受信するデータはTeraStationの管理に使用するシステムの状態情報のみで、TeraStationに保存されたお客様のデータは含まれません。

TeraStation側はプロキシには対応しておりません。(2019年7月31日現在)

キキNavi 概要

特長1 稼働状況の把握

TeraStationの状態を常に監視。エラーは直ちに通知。

キキNaviがNAS管理者に代わり、TeraStationの稼働状況を把握します。
NAS管理者の負担を大幅に軽減し、情報機器の管理が苦手な方でも安心して運用が可能になります。
Webベースの管理画面なので、インターネット接続環境があればどこからでもパソコン、タブレットから状態管理ができます。

キキNavi 監視

①監視
キキNaviを使うことで、遠隔地のTeraStationの稼働状況をブラウザで監視できます。

[ 監視内容例 ]
・デバイス死活監視
・システム状態 (システムエラー/CPU使用率/メモリ使用率など)
・HDD/SSD情報 (使用率/S.M.A.R.T.情報)
・USB接続機器情報 (USB接続HDD/UPS情報)

キキNavi 障害通知

②障害通知
TeraStationに障害が発生すると、直ちにキキNaviからお知らせメールが送信されます。
パソコンやスマホで受け取ったメールから、そのままキキNaviへログインし、障害内容を確認できます。

[ メール通知内容例 ]
・ドライブの不良セクターの増加
・読み込みエラー/書き込みエラー
・ファン異常
・バックアップエラー/レプリケーションエラー
・ネットワーク接続の切断

キキNavi 復旧ガイダンス

③復旧ガイダンス
キキNavi上で、発生したエラー内容に沿った復旧ガイダンスが表示されます。
ガイダンスの手順に従って、復旧作業を実施できます。

特長2 遠隔簡易操作

メンテナンス用の簡易的な操作なら、現場での作業は不要。

キキNaviに登録されたTeraStationは、今までは現場でしかできなかったいくつかのメンテナンス用簡易操作をインターネット経由でどこからでも実行できます。
TeraStation設置場所への訪問工数を削減し、入室許可手続きや、訪問日時の調整など、手間となりがちな現場での作業実施が、遠隔で可能になります。

キキNavi 遠隔簡易操作

○再起動
TeraStationへのアクセスが不安定な場合に再起動できます。

○シャットダウン
計画停電時などのシャットダウンを実行。
タイマー設定で、休暇中や定時後でも指定時間に合わせてシャットダウンを実行できます。
※シャットダウン後の遠隔起動はできません。

○デバッグログ取得
障害の解析にデバッグログが必要な場合、デバッグログをTeraStationからキキNaviにアップロードし、アップロードされたデバッグログをパソコンへダウンロードできます。

○FWアップデート
新機能追加や脆弱性対応など、最新のFWをTeraStationへ適用します。(オンラインアップデート)

○I’m here
修理対応の現場に複数のTeraStationがある場合、キキNaviに表示されたTeraStationのブザーを鳴らすことができます。

特長3 稼働状況の共有

保守・管理会社と法人ユーザーでTeraStationを管理。

『必要な会社が必要なNASだけを「監視、簡易操作」』できます。

・保守・管理会社は、法人ユーザーA社とB社のNASを「監視、簡易操作」
・NASを所有している法人ユーザーA社とB社は、自社のNASだけを「監視、簡易操作」

キキNavi 情報共有

保守・管理に関わる人、みんなでTeraStationを管理。

TeraStationの保守・管理は営業担当、サポート担当、技術担当など、複数の人が関わることが多いです。
キキNaviでは、登録されたユーザーが対象となるNASの管理に必要となる監視・簡易操作といった権限を担当者ごとに設定できます。

[ 例 ]
①上司は管理する組織を作る、担当者の権限を設定する。
②サポート担当や営業担当は自分の担当している会社のNASの「監視」だけができる。
③技術担当は自分の担当している会社のNASの「監視、簡易操作」ができる。

キキNavi 権限設定

特長4 設定情報の保存

TeraStationの設定を「キキNavi」に自動保存

TeraStationの下記の設定ファイルがキキNaviへ自動で保存されます。
障害による製品交換時やリプレース時など、以前の設定情報を引き継ぎたい場合、キキNaviから設定ファイルをパソコンへダウンロードし、TeraStationのWeb設定画面から適用します。

保存されるもの:
・ユーザー
・グループ
・共有フォルダー
・アクセス制限

2019年4月17日現在

状況把握のために必要な最低限の情報を取得

ユーザーが保存したファイルなどTeraStationの状態把握のための情報以外は取得しません。

【MIB】 ・送受信パケット量
・MACアドレス
・ポートIPアドレス
・アレイ情報(容量・RAID情報・使用率)
・バックアップ結果
・HDD情報(S.M.A.R.T.・ディスク使用率)
・FWバージョン
・フェイルオーバー情報(相手先のIPアドレス、メイン/サブ)
・LVMボリューム使用率
・電源状態
・SSD情報(不良ブロック・TBW)
・製品情報 製品名
シリアル番号
稼働時間
・UPS情報 バッテリー残量
製品名
・USB接続ストレージ情報 製品名
容量
使用率
【MIB以外】 ・製品シリアル
・デバイス名(ホスト名)
・型番
・設置場所
・MACアドレス
・デバイス通知ログ
・設定情報ファイル ※設定変更後に最新版をアップロード
・デバッグログ ※必要に応じてアップロード

2019年4月17日現在の取得情報から一部抜粋。「キキNavi」の表示項目の追加などにより、取得情報は増える可能性があります。

その他の特長

保守パックのライセンス管理が可能。

保守パックのライセンス期限を入力できます。(手動入力)
キキNaviから確認できるようになり、障害発生時などにライセンスの有無などをまとめて確認できます。

バッファローサポートセンターとの情報共有が可能。

障害発生時、バッファローサポートセンターにもTeraStationの状態を共有することができます。
お客様のお使いのTeraStationの状態を共有することで、適切なサポートがご提供可能となります。

バッファローサポートセンターへの情報共有については、お客様側の許可が必要となります。

「保守・管理会社様」向けと「法人ユーザー様」向けの違い

保守・管理会社様 法人ユーザー様
稼働状況の把握
遠隔簡易操作
稼働状況の共有
設定情報の保存
1台のNASに紐付けられる
会社の数
5社 1社
通知イベントに対するメモ欄 後日対応予定

2019年7月31日現在

キキNaviの利用申請

キキNaviをご利用になるには、会社・団体の代表者様より、バッファローへの利用申請が必要となります。
下記のいずれかより利用申請へお進みください。

1つの会社の中で、複数の代表者様がサービス利用申請することもできます。
この場合、別々の代表者様以下で作成された組織間でのユーザーの移動はできなくなります。

取扱説明書・設定事例集

動作環境

PC・タブレット画面解像度 1280 x 720 ピクセル以上
対応ブラウザ Windows Microsoft Edge、Google Chrome
Mac Google Chrome
iOS Google Chrome
Android Google Chrome

対応商品

中規模オフィス Linux(51~100人)

小規模オフィス・SOHO Linux(50人以下)

お問い合わせ

※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。