モバイル端末が活かせる社内ネットワーク構築。業務データにどこでもアクセス

スマホ・タブレット時代のワークスタイル。

どこでもつながる構内環境を構築

社内でのWi-Fi(無線LAN)活用はさらに拡大し、BYODと呼ばれる社員所有のスマートフォンやタブレット利用も考慮したWi-Fi環境が求められています。 倉庫や工場ではハンディーターミナルによる在庫管理など、パソコンに限らずWi-Fiの活用シーンが増えています。

構成例(税抜)

アクセスポイント

WAPM-1266R:¥39,800×11台

フロアスイッチ

BS-GS2024:¥34,800×1台

PoEスイッチ

BS-GS2024P:¥69,800×3台

PoEスイッチ

BS-GS2008P:¥34,800×1台

PoEインジェクター

BIJ-POE-1P/HG:¥15,800×2台

コアスイッチ

BS-GS2024:¥34,800×1台

屋外アンテナ

WLE-HG-DA/AG:¥24,800×2台

同軸ケーブル

WLE-CC10:¥22,000×4台

同軸変換コネクター

WLE-OP-RNC:¥1,400×4台


導入費用

¥926,400

別途RADIUSサーバーが必要です。

2019年1月8日時点の税抜価格です。

BYOD環境も構築できるセキュリティーを実現

社内ネットワークにアクセスする端末を区別して、それぞれ目的に応じたセキュリティーレベルを設定することも可能。スイッチでタグVLANを構成しネットワークを仮想で分離。Wi-Fi側では、マルチSSID対応アクセスポイントで802.1X認証及び通常のパスワード認証(WPA-PSK(AES))による経路をそれぞれ作成。
証明書発行済の端末には社内ネットワークとインターネット両方のアクセス権限、訪問客などにはインターネット接続のみに権限を与えるといった、レベルに応じた利用制限が可能です。

ネットワークソリューション情報

関連ページ

※商品の利用方法に関してはサポートセンターにお問合せください。