中小企業にちょうどいいUTM機能対応ルーター

UTM選定時に出やすいお悩み

管理しやすい安心できるUTMとは

ICTの普及が加速しクラウドサービスの活用やテレワークでの働き方が実現した現代において、情報セキュリティー対策は欠かせません。業務用パソコンなどのデバイスを個別に保護するだけでなく、社内ネットワーク全体を保護するセキュリティー対策として、「UTM」は非常に有効です。
しかし、拠点人数が10人~50人ほどの中小企業において、UTM機器選定時に「必要十分なセキュリティー機能が備わったものはないか」「管理しやすく安心できるUTM機器はないか」「社内ネットワークの通信速度が落ちないだろうか」「コストがかかり手が出しづらい」といったお悩みを抱えていませんでしょうか?

バッファローの中小企業向けUTM機能対応ルーター

UTM選定時のお悩みを解決

バッファローが提案するのは、中小企業向けUTM機能対応VPNルーター「VR-U シリーズ」
社内ネットワークを保護するセキュリティー機能に対応しつつ、価格・速度の課題も解決します。

バッファローUTMのポイント

【コラム】UTMとは

UTM(Unified Threat Management)とは、「統合脅威管理」とも呼ばれ、複数のセキュリティー機能を1つのデバイスに統合することで、包括的なセキュリティー対策を実現するツールです。インターネットの出入り口に設置することで、社内外に潜むネットワークの脅威をブロックし、社内ネットワーク全体を保護できます。

本製品で実現する保護機能一覧

Webフィルタリング: 業務に無関係なサイトへのアクセスを制限する
アプリケーション制御: 業務に無関係なアプリケーションの使用等を制限する
アンチボット: 悪意あるURLへのアクセスを検知、遮断する
アンチウイルス: ウイルスやマルウェアなどの脅威ソフトウェアの侵入を防ぐ
アンチスパム: 悪意あるメールサーバーからのメール受信を遮断する
IDS/IPS: 外部からの不正アクセスを検知、遮断する

おすすめの理由

ここからは、バッファローのUTMをオススメする理由について解説していきます。

(1)必要十分なセキュリティー

バッファローのUTMは、通信先/元のホスト情報を基に社内外の脅威をブロックします。
また、脅威情報の参照元に、日本国内のサイバーリスクに対応した脅威情報を提供するNICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)を含んでいます。NICTの脅威情報データベースと連携することで、最新の日本国内の悪意あるサイトへの検知率を高め、より強固なセキュリティーを実現します。

バッファローのUTM機能の工夫

搭載機能(概要)の他社比較

バッファローのUTMは、搭載機能に工夫があります。通常、パソコンにはアンチウイルスソフトがインストールされていることが多く、そちらでファイルの中身がチェックされています。他社のUTM製品ではファイルの中身をチェックする機能が搭載されていることがありますが、バッファローのUTMでは、ファイルの中身をチェックする機能を省くことで、安価かつ高速で動作するよう機能の厳選を行いました。
「パソコンのアンチウイルスソフトなどの対応はしているが、ネットワークセキュリティーはルーターの標準機能に留まっている」といった企業にオススメです。

※アンチウイルスソフトはバッファローの取り扱い商品ではありません。アンチウイルスソフトに搭載された機能の詳細は、アンチウイルスソフトのメーカーにお問い合わせください。
※バッファローのUTMに搭載された機能の詳細は、商品ページを確認してください。

(2)リモート管理サービス(無料)

無料のリモート管理サービス「キキNavi」により、遠隔地でも不正アクセスやネットワーク攻撃など、インシデント発生状況を確認できます。また、緊急性が高いものはメール通知でもお知らせします。
リモート管理サービスを利用することで、UTM機器の保守・管理の手間を削減し、より運用しやすくなります。

【参考】キキNaviのインシデントレポート画面

※画面は開発中のものです

発生インシデントを脅威の種類ごと(マルウェア、ランサムウェア、フィッシングなど)に分け、各インシデントの発生日時・検出回数・発生したデバイス(PC、社用スマホなど)のMACアドレスとともに表示します。いつ、どのデバイスで発生したかが特定でき、脅威検知後スムーズに対処することができます。

(3)通信速度が落ちにくい

一般的には、UTMを導入することでネットワークの通信速度が低下し業務に支障をきたす懸念が考えられます。当社のUTMでは、通常業務に支障をきたすことがないように、通信速度が落ちにくく中小企業のオフィス回線に見合った十分な速度が出るようになっています。

【参考】UTM無効/有効時の速度比較

ルーターのVPN機能を無効にした状態で、HTTPサーバーからルーターを通して、クライアントPCに10MBのファイルをダウンロードしたときの伝送速度を測定。10回試行し平均値を算出。

1GbEの有線で接続

(4)導入しやすい価格帯

当社のVPNルーターは、ビジネスユースにきちんと対応しつつ、導入しやすい価格帯で提供いたします。VPNルーター + 買い切り型のライセンスパックでUTM導入できるため、見積もりも容易です。
すでに当社のVPNルーター「VR-Uシリーズ」をお使いの方は、ライセンスパックをご購入いただくだけでUTM機能をご利用いただけます。
また、複数のライセンスパックを組み合わせてご利用いただくことで、最長7年までライセンス登録が可能となっており、長期的な運用・保守も含めて見積もりいただけます。

ルーター本体の保証・保守については、別途ルーター本体の保証、または保守パックをご利用ください。

導入費用例

・VPNルーター有線モデル「VR-U500X」でUTMライセンスを1年有効にする場合

ルーター

VR-U500X: 60,280円(税込)

UTMライセンスパック(1年)

VR-UTM-1Y: 21,780円(税込)

合計費用 82,060円(税込)


・VPNルーター無線モデル「VR-U300W」でUTMライセンスを1年有効にする場合

ルーター

VR-U300W: 38,280円(税込)

UTMライセンスパック(1年)

VR-UTM-1Y: 21,780円(税込)

合計費用 60,060円(税込)

価格は2024年2月7日現在の希望小売価格です。最新価格は、各商品ページを確認してください。

バッファローのUTMでお悩みを解決

中小企業にちょうど良いUTM機能対応ルーター

中小企業が抱えるUTM導入時の課題解決策として、バッファローのUTMを紹介しました。UTMで社内のセキュリティーを強化していきましょう。
UTM導入に関して、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お客様のご要望をヒアリングの上で、導入を支援してまいります。

UTM対応VPNルーター VR-Uシリーズ

UTMライセンスパック VR-UTMシリーズ

ライセンスパック(1年) VR-UTM-1Y
ライセンスパック(2年) VR-UTM-2Y
ライセンスパック(3年) VR-UTM-3Y
ライセンスパック(4年) VR-UTM-4Y
ライセンスパック(5年) VR-UTM-5Y