Wi-Fi中継機の設定方法(WEX-1800AX4)

公開日:

更新日:

ID: 124145165

Q

チャットで質問する

詳細

Wi-Fi中継機の設定方法

対象商品

WEX-1800AX4

A

Wi-Fiルーターと中継接続する方法には、EasyMeshを利用するかしないかで設定方法が異なります。

設定手順

EasyMeshを利用する場合(推奨)

EasyMeshを利用しない場合

EasyMeshを利用しないでWi-Fiルーターと接続します。
親機として使用するWi-Fiルーター(以下、親機)を選択してください。

テキストで確認する

この設定を行うと、中継機はWi-Fiルーターと接続するときにWi-FiルーターのSSIDとそのセキュリティー設定を引き継ぐため、Wi-Fiルーターとまったく同じSSIDを発信します。
そのため、お使いの端末や環境によっては、端末の無線機能のオン/オフを繰り返しても中継機につながらず、直接Wi-Fiルーターにつながってしまうことがあります。
このような場合は、中継機が独自に発信する「中継機用SSID」に接続することで、確実に中継機側に接続することができます。

中継機の設定方法はWPSで設定する方法と、手動で設定する方法があります。
ご利用になる設定方法を選択してください。


WPSで設定する

1. 現在お使いのWi-Fiルーターに、お使いの機器(パソコンや携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。

2. 本体左側面のAUTO/5GHzスイッチを「AUTO」にしてから、商品をWi-Fiルーターの近くのコンセントに差し込みます。

3. 約1分後、前面ランプが以下の状態になっていることを確認します。

ランプが上図の状態でない場合は、クリップの先などで本体側面のRESETボタンをPOWERランプが点滅するまで(約5秒間)押し、ランプが上図の状態になるまでお待ちください。

4. 商品のWPSボタンを、約2秒以上(WPSランプが2回ずつ点滅するまで)押し続けます。

2回ずつ点滅したら、ボタンから手を離します。

5. 現在お使いのWi-FiルーターのAOSS/WPSボタンを押し(※1)て、WPS接続を開始します。

※1.

ボタンを押す間隔は、お使いのWi-Fiルーターによって異なります。バッファロー製Wi-Fiルーターの場合は、AOSSボタンをワイヤレスランプ(またはセキュリティランプ)が2回ずつ点滅するまで押し続けてください。

6. 接続設定が完了するまで、約2分待ちます。

この間に自動的に再起動しますので、手を触れずにそのままお待ちください。

7. 「親機接続ランプ」と「WPSランプ」が以下の状態になっていればWi-Fiルーターとの接続は完了です。

WPSランプは、5分間点灯した後消灯します。

WPSランプが速く点滅している場合は、中継機とWi-Fiルーターを近づけ、手順4~5をもう一度行ってください。

8. いったん商品の電源をオフにして、中継機を設置したい場所のコンセントに取り付けてから、電源をオンにしてください。

電源をオンにしてから約2分後に、「親機接続ランプ」が緑色に点灯しているかを確認してください。
Wi-Fiルーターの電波が届かない場所に設置すると親機接続ランプが消灯します。

「親機接続ランプ」が点滅している場合は、もう少しWi-Fiルーターに近い場所へ移動して下さい。

以上


手動で設定する

以下の設定を行う前に、接続先となるWi-Fiルーターの SSID と暗号化キー(パスワード)を控えておいてください。
Wi-Fiルーターの SSID と暗号化キーを確認する方法は、Wi-Fiルーターの取扱説明書を参照してください。

1. 現在お使いのWi-Fiルーターに、お使いの機器(パソコンや携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。

2. AUTO/5GHzスイッチを「AUTO」にしてから、商品をWi-Fiルーターの近くのコンセントに差し込みます。

3. 約1分後、前面ランプが以下の状態になっていることを確認します。

ランプが上図の状態でない場合は、クリップの先などで本体側面のRESETボタンをPOWERランプが点滅するまで(約5秒間)押し、ランプが上図の状態になるまでお待ちください。

4. セットアップカードに記載されている「初期設定SSID」に接続します。

初期設定SSIDは、5GHz用の「A」と2.4GHz用の「G」の両方が発信されます。お使いの環境に応じてどちらかを選択してください。
接続方法は、設定に使用する端末によって異なります。以下の手順を参照して接続してください。

端末の無線LANが有効(オン)であることを確認してください。有効にする手順は、お使いの端末の取扱説明書を参照してください。

初期設定SSIDは、5GHz用の「A」と2.4GHz用の「G」の両方が発信されます。お使いの環境に応じてどちらかを選択してください。

端末のWi-Fi(無線LAN)有効(オン)であることを確認してください。有効にする手順は、お使いの端末の取扱説明書を参照してください。

ご利用のOSを選択してタブ下に表示される手順を確認してください。

10. 接続設定が完了するまで、約2分待ちます。

この間に自動的に再起動しますので、手を触れずにそのままお待ちください。

11. 約2分後、商品前面のランプが以下の状態になっていればWi-Fiルーターとの接続は完了です。

12. いったん商品の電源をオフにして、中継機を設置したい場所のコンセントに取り付けてから、電源をオンにしてください。

電源をオンにしてから約2分後に、「親機接続ランプ」が緑色に点灯しているかを確認してください。
Wi-Fiルーターの電波が届かない場所に設置すると親機接続ランプが消灯します。

「親機接続ランプ」が点滅している場合は、もう少しWi-Fiルーターに近い場所へ移動して下さい。

以上

接続イメージ

EasyMeshを利用する場合(推奨)

条件

Wi-Fiルーター/中継機ともEasyMesh対応機器であること

特長

Wi-Fiルーターと有線でもWi-Fi(無線)でも接続可能

無線端末の接続切り替えがスムーズ

中継機(エージェント)は4台まで接続可能

EasyMeshを利用しない場合

条件

Wi-Fiルーターに対し中継機は2台まで(並列接続不可)

特長

EasyMesh非対応のWi-Fi中継機でも中継可能

このご質問の対象となる商品・OS・接続機器を表示

商品

OS・接続機器